人生にゲームをプラスするメディア

【WHF 2013冬】出展タイトル数はナンバーワン、あらゆるキャラゲーを網羅したバンダイナムコ

その他 全般

ゲームを遊ぶ女の子が一番多かったバンダイナムコブース
  • ゲームを遊ぶ女の子が一番多かったバンダイナムコブース
  • Wii U『TANK!TANK!TANK!』も遊べた
  • 隣には3DS『名探偵コナン』体験コーナーが
  • 多くのコナンファンが最新作を体験
  • 毎年恒例『太鼓の達人』体験コーナーも人気
  • 女児向けに特化した一角も用意
  • 先日発表されたばかりの『クマ・トモ』も遊べた
  • 可愛いクマー!
次世代ワールドホビーフェア'13 Winter、バンダイナムコゲームスは例年通り会場一番多くゲームソフトを出展しました。

発売目前のWii Uソフト『TANK!TANK!TANK!』や3DSソフト『マギ はじまりの迷宮』を始め、春以降に発売される『名探偵コナン マリオネット交響曲』や『クマ・トモ』もいち早く遊ぶことができました。

また、既に発売中のタイトルですが『太鼓の達人Wii 超ごうか版』を始め、『アイカツ!シンデレラレッスン』『おうちまいにち たまごっち』『でんぢゃらすじーさんと1000人のお友だち邪』など、子供たちに人気のゲームも体験可能で、特に小学生の女の子が多く楽しんでいる様子がうかがえました。逆に男の子に人気を集めていたのは『でんぢゃらすじーさんと1000人のお友だち邪』。コロコロコミック看板的存在(?!)のじーさん、タダモノではありませんね。開催会場に応じて、配信しているデータが異なるなど、コダワリもあります。

バンダイナムコゲームスでは、バンプレストコーナーの一角にポケモンプライズを展示。こちらは先程の記事をご覧ください。
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  4. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  5. 【昨日のまとめ】『アズレン』コラボする「ネプテューヌ」の姿を公開、『スプラトゥーン2』の人気ギアが食玩に、リズムゲーム『バンドリ!』の魅力を徹底紹介…など(1/23)

  6. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  7. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  8. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  9. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

アクセスランキングをもっと見る