人生にゲームをプラスするメディア

本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー

巨大なNES(ファミコン)コントローラーをレゴで作ってしまった人がいました。

その他 全般
本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー
  • 本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー
  • 本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー
  • 本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー
  • 製作者のBaron Julius von Brunk氏
  • 本当に使える!レゴで作った巨大なファミコンコントローラー
  • 中はこんな風になってます
  • 基板とコード
  • 十字キーはレゴでできています
巨大なNES(ファミコン)コントローラーをレゴで作ってしまった人がいました。

過去にもコーヒーテーブルになるNESコントローラーを紹介したことがありますが、今度はレゴで製作してしまった人が現れました。レゴビルダーとして有名なBaron Julius von Brunk氏が制作した約1.5メートルのこの巨大レゴ製NESコントローラー、単なるインテリアではなく、なんと実際にゲームをプレイすることもできるのです。



このコントローラーの制作を思いついたのは2012年の夏の終わりで、それから仕事関係や経済的トラブルで一旦中断したものの、2012年末には完成したとのことです。

なお、Brunk氏はセガの「ゲームギア」やトランスフォームしてロボットになる「ゲームボーイ」、『スーパーマリオブラザーズ3』のステージである「飛行船」など、過去にもおもしろい作品を多数制作し、自身のサイトで公開しています。ぜひ今後もびっくりするような物を作り続けて欲しいですね。
《菜種》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 総勢260台の“痛車”!アニメ、ゲームなど様々なジャンルが集う入場無料イベントが5月26日に開催

    総勢260台の“痛車”!アニメ、ゲームなど様々なジャンルが集う入場無料イベントが5月26日に開催

  2. 【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気

    【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気

  3. 任天堂に約20億円の損害賠償を支払う「クッパ」海外インタビューでいろいろ語る…起きたらライフルを突きつけられていたことや時給1ドルの仕事など

    任天堂に約20億円の損害賠償を支払う「クッパ」海外インタビューでいろいろ語る…起きたらライフルを突きつけられていたことや時給1ドルの仕事など

  4. 『ポケカ』新弾「Pokémon GO」に驚きの仕掛け―表面のシールを剥がせば…「メタモン」だー!

  5. 『ペルソナ5』ファンが選んだ名曲は「Life Will Change」!『P3D』&『P5D』サントラの発売が決定し、怪盗団メンバーのスマホ壁紙も配信開始

アクセスランキングをもっと見る