人生にゲームをプラスするメディア

『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能

ソニー PSP

『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
  • 『銀魂のすごろく』に高杉・神威が登場 ― 「ぬるドラ」でも使用可能
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『銀魂のすごろく』の最新情報を公開しました。

『銀魂のすごろく』は、5年振りの「銀魂」ゲーム化作品。笑いあり涙ありのドタバタ人情SFすごろくとして、人気キャラクターが総登場のうえ、メインキャラはLive2Dでぬるぬる動く!おなじみのネタも満載で多数イベントが収録された、ハチャメチャなボードゲームになっています。

新島七重・六彦といった新オリジナルキャラのほか、すでに、真選組や桂小太郎などの登場が発表されていますが、今回、敵キャラとして高杉・神威も登場することが判明しました。2人は、オリジナルストーリーに関わる洗脳兵器「夢枕」を狙っており、「悪党篇」ステージで、銀時たちの前に立ちふさがります。どんなストーリーが繰り広げられるのか気になるところです。

また本作には、ゲーム本編の他に「ぬるぬるドラマメーカー」が付属。Live2Dで登場するキャラクターの表情、セリフ、背景やBGMまで組み合わせて、オリジナルのショートドラマを作ることができるモードですが、なんと高杉・神威も「ぬるドラ」で使用可能。ゲーム内で一定条件を満たすと選択できるようになるようです。

他キャラと同じく、高杉にも「ぬるドラ専用セリフ」が多数収録されているので、ぜひ独創的なオリジナルドラマを作ってみてください。なお、作成したショートドラマは「名刺」に貼り付けて友だちと交換することも可能です。

『銀魂のすごろく』は、2013年1月24日発売予定で価格は6,280円(税込)です。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・サンライズ・アニプレックス
(C)2013 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

    PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

  2. 【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

    【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

  3. 【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

    【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

  4. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?

  5. 『ドラクエXI』名前入力は6文字まで、3DS版では「時渡りの迷宮」で“ロンダルキアの洞窟”にも行ける

  6. 『旋光の輪舞2』最新PV公開! より強力になった弾幕やボスを映像でお披露目

  7. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  8. 『ペルソナ5』ジョーカーがfigma化―もちろん相棒「モルガナ」も付属!

  9. 【レポート】『グランツーリスモSPORT』メディア体験会で新要素が一挙判明

  10. 『グランツーリスモ SPORT』は今後20年を見据えたタイトル―山内一典氏合同インタビュー

アクセスランキングをもっと見る