人生にゲームをプラスするメディア

意外と知らない!?超有名ゲームキャラの名前の由来とは・・・

マリオやルイージ、ゼルダ姫、さらにはソリッド・スネークなど、日本発のゲームキャラはご存知の通り世界でも大変な人気です。ですが、彼らの名前の由来を知っている人はどの程度いるのでしょうか?海外サイトで、その名前の由来がまとめられているのでご紹介します。

その他 全般
有名キャラの名前の由来が明らかに
  • 有名キャラの名前の由来が明らかに
マリオやルイージ、ゼルダ姫、さらにはソリッド・スネークなど、日本発のゲームキャラはご存知の通り世界でも大変な人気です。ですが、彼らの名前の由来を知っている人はどの程度いるのでしょうか?海外サイトで、その名前の由来がまとめられているのでご紹介します。

■マリオ
世界で最も認知度の高いゲームキャラと言っても差し支えのない「マリオ」。ゲーム初登場はアーケードゲームの『ドンキーコング』でした。その当時は名前がなく、「ミスタービデオ」「ジャンプマン」などと呼ばれていました。そんな折、ニンテンドーオブアメリカ(NOA)が借りていた倉庫の貸し主「マリオ・セーガル」さんが彼にそっくりだったため、「マリオ」と命名されました。

■ルイージ
日本では、よくマリオに「類似」しているからルイージと名付けられたと言われることもありますが、実はウソ。今回紹介している記事では、「NOAの側のピザ屋が「マリオ&ルイージ」だった。サンキュー、ピッツァ」と書かれていますが、これも俗説の1つ。生みの親である宮本茂氏によれば「イタリア人デザイナーに多い名前からとった」ということです。ちなみに命名したのは宮本ではなくNOAの社員だそう。

■ゼルダ
『ゼルダの伝説』シリーズに登場するお姫様といえばこの人。彼女の名前は、アメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドの妻であるゼルダ・セイヤー・フィッツジェラルドに由来するということです。理由としては宮本が「誰に聞いても、有名で美しい女性」だと分かったからだということ。ただ、名前の由来となったゼルダ・フィッツジェラルドは、ゼルダ姫とイメージとは異なる苛烈な一生を送りました。ちなみに、アメリカの俳優ロビン・ウィリアムズの娘は、ゲームのゼルダから名前をとって、「ゼルダ・ウィリアムズ」と名付けられています。

■カービィ
カービィの生みの親と言えば、桜井政博氏。ところが、本人も宮本氏も名前の由来は覚えていないということで、2つの説が紹介されています。1つは「実在した掃除機会社の「Kirby Corporation」からとった」という説。そして2つめは「当時、『ドンキーコング』の著作権問題を担当していた弁護士の「ジョン・カービィ」という人物の名前を使用した」という説です。

■クラッシュ・バンディクー
ソニック・ザ・ヘッジホッグのライバルとして誕生したクラッシュ・バンディクー。元々、彼には「ワイリー・ザ・ウォンバット(Willie the Wombat)」という名前がつけられていましたが、四六時中箱を壊しているため、「クラッシュ」となったそうです。

■ソリッド・スネーク
コナミの『メタルギア』シリーズに登場するメインキャラクター「ソリッド・スネーク」。彼の名前は映画「ニューヨーク1997」でカート・ラッセルが演じた主人公の「スネーク・プリスキン」に由来します。ちなみに、ソリッドというファーストネームにになったのは、スネークという言葉と対照的な意味を持たせたかったからとのこと。

■パックマン
パックマンの動きが、口を「パクパク」させている様子に似ていることから、この名前がつけられました。その後海外展開にあたり、「Puck Man」と名称が改められましたが、筐体を製造する業者から名前の変更を要求され、現在の「Pac-Man」の表記となりました。これは「Puck」が「Fuck」を連想させるためだということです。ちなみに、「Puck」にはFワードのような意味はありません。

以上有名キャラクターの名前の由来を紹介しましたが、どの程度しっているものがあったでしょうか?他にも好きなゲームキャラの名前を調べてみると、意外な発見があるかもしれません。
《宮崎 紘輔》
宮崎 紘輔

タンクトップおじさん 宮崎 紘輔

Game*Spark、インサイドを運営するイードのゲームメディア及びアニメメディアの事業責任者でもあるただのニンゲン。 日本の新卒一括採用システムに反旗を翻すべく、一日18時間くらいゲームをしてアニメを見るというささやかな抵抗を6年続けていたが、親には勘当されそうになるし、バイト先の社長は逮捕されるしでインサイド編集部に無気力バイトとして転がり込む。 偶然も重なって2017年にゲームメディアの統括となり、ポジションが空位になっていたGame*Sparkの編集長的ポジションに就くも、ちょっとしたハプニングもあって2022年7月をもって編集長の席を譲る。 夢はイードのゲームメディア群を日本のゲーム業界で一目置かれる存在にすること、ゲームやアニメを自分達で出すこと(ウィザードリィでちょっと実現)、日本武道館でライブすること、グラストンベリーのヘッドライナーになること……など。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

    『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  2. 『ホグワーツ・レガシー』を4Kの美しいグラフィックで遊びたい人必見!おすすめのゲーミングモニター5選

    『ホグワーツ・レガシー』を4Kの美しいグラフィックで遊びたい人必見!おすすめのゲーミングモニター5選

  3. 『FGO』“水着イリヤ”に“水着美遊”も! ひろやまひろし氏が披露したイラストがキュート過ぎて尊い【UPDATE】

  4. 「プリズマ☆イリヤ」イリヤ バーサーカーver.のフィギュアが登場 凛々しくも愛らしい一品

  5. 漫画「ファイナルファンタジーXIV 私立エオルゼア学園」単行本が発売!連載元の「マンガUP!」では1話の試し読みも

アクセスランキングをもっと見る