人生にゲームをプラスするメディア

カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)

カプコンは、PS3/Xbox360/PCソフト『DmC Devil May Cry』完成披露発表会を開催しました。コチラの記事では発表会全体の模様をお届けします。

ソニー PS3
カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
  • カプコンの大きなチャレンジとして3年掛けてようやく完成、ゲーム大会にはあの有名漫画家も参加 ― 『DmC Devil May Cry』完成披露発表会(4)
カプコンは、PS3/Xbox360/PCソフト『DmC Devil May Cry』完成披露発表会を開催しました。コチラの記事では発表会全体の模様をお届けします。

カプコンが2013年最初に発売する『DmC Devil May Cry』、発表会にはプロデューサーの江城元秀氏、スーパーバイジングディレクターの伊津野英昭氏、アシスタントプロデューサーの内田洋平氏、「ハギとこ!」でお馴染みCS事業統括 CS営業推進部 パブリシティ企画推進室長 兼 キャラクター・コンテンツ事業統括 出版編集室長 兼 編集・企画チーム長である萩原良輔氏、そしてゲストにはスピードワゴンの小沢一敬さん・井戸田潤さんが登壇。『DmC』の魅力を伝えました。
(各種コラボ情報等は別記事でまとめてありますのでそちらをご覧ください)

スピードワゴンの2人は、「『DmC』スタイリッシュ応援隊」でもあり、公式サイトでは体験動画を現在7話まで公開中。その撮影中のエピソードを語りました。

『DmC』をプレイしてみて「景色も綺麗だし、遊んでいる時はスタイリッシュになれ、ダンテの気分になれますね。普段は油ギッシュなんですが、このゲームを遊んでいる時はスタイリッシュになれる。今日はスタイリッシュになるため、頭にワックスを付けてきました。普段は付けておりません(笑)」と笑いを誘うスピードワゴンでした。

トークセッション後は、「プレス対抗スタイリッシュプレイ決定戦」を開催。「ネフィリムの血統」ステージをプレイし、クリア後の総合ポイントが高い順に景品が出るというもの。まず見本として内田氏がプレイ。総合ポイント220万ポイントを超える記録でクリア。参加者は既に体験版などでやりこんでいる人から、今日初めてプレイする人など様々。そんな中、人気漫画家の柴田亜美さんもまさかの参加。抽選で選ばれた時は「ウソでしょ~?!」の声と共に登壇。連載マンガ「ドキばぐ」のような展開で、ゲームを楽しんでいる様子がうかがえました。

景品は『DmC』ゲームソフトや、関連グッズなど。TOP3位の方だけでなく、9位、ブービー賞などが贈られました。

最後はカプコンの4人からメッセージ。

「2013年始まりました。『DmC』はここに立っている3人が相当な時間をかけて、かつこだわりを持って作ったソフトです。これから長い1年が始まりますが、カプコン最初のタイトルとして『DmC』がトップバッターで発売されます。皆さんの応援の程よろしくお願いします」(萩原氏)

「ゲームを一緒にプレイして盛り上がれて楽しかったです。またTwitterも今後ずっとやっていきますし、いいゲームプレイも見せていき、それを広げていけたらと思います。今後とも『DmC』をよろしくお願いします」(内田氏)

「日本のデベロッパーと欧州のデベロッパーと一緒に開発し、ビジュアルは洗練されて、しかも操作感は日本の丁寧な作りとなっていて、ありそうでなかった作品に仕上がりました。間口が広く、初心者でも遊べ、熟練者でもじっくり奥深く楽しめますので、今後ともよろしくお願いします」(伊津野氏)

「『DmC』はカプコンの大きなチャレンジとして3年くらい前から開発を進めてきました。色んなことがあった中、ずっとブレずに海外のデベロッパーと組み、いかにカプコンのDNAを受け継いで新しいゲームを生み出すかという所をやり続けてきた結果、今日こういう形で完成に至りました。発売日までまだ少し時間がありますし、1人でも多くの方に魅力を伝え、そして遊んでもらえたらと思います」(江城氏)

『DmC Devil May Cry』は2013年1月17日発売予定。価格は通常版が6990円(税込)、イーカプコン限定「LIMITED EDITION」が9490円(税込)です。PC版は、2013年2月28日発売予定で価格は5990円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

  2. 『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

    『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

  3. スマッシュヒットの和風稲作ARPG『天穂のサクナヒメ』世界累計出荷50万本突破!

    スマッシュヒットの和風稲作ARPG『天穂のサクナヒメ』世界累計出荷50万本突破!

  4. PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

  5. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月24日】─広範囲に向けた抽選販売が次々に展開中

  6. 『モンハン:アイスボーン』×映画「モンハン」コラボ実施決定! ミラ・ジョヴォヴィッチになってオリジナルストーリーを体験

  7. 【実録】PS5からデビューするゲーミングモニターのススメ─決断のポイントは「遊ぶジャンル」と「部屋の環境」!フルHDだって十分魅力的な選択肢

  8. PS5発売から1週間―初期デビュー組による「プレイした感想」を紹介! 最も凄かった新機能、逆に“こうだったら良かった点”とは?【アンケート】

  9. 海外レビューハイスコア『天穂のサクナヒメ』―稲作、アクション、心温まるストーリー…話題作を海外メディアはどう評価?

  10. PS5は「通常版」と「デジタル・エディション」のどっちがいいの? それぞれの長所を並べて考える

アクセスランキングをもっと見る