人生にゲームをプラスするメディア

タカラトミー、希望退職を募集・・・グループ全体で150名程度

タカラトミーは、グループ全体で150名程度の希望退職者を募集することを発表しました。経営構造改革の一環として、人件費を削減し、原価のコストダウンや、販管費の削減を図ります。

ゲームビジネス 人材
タカラトミーは、グループ全体で150名程度の希望退職者を募集することを発表しました。経営構造改革の一環として、人件費を削減し、原価のコストダウンや、販管費の削減を図ります。

希望退職者はタカラトミーをはじめ、タカラトミーマーケティング、タカラトミーロジスティクス、タカラトミーエンジニアリング、タカラトミービジネスサービスといった国内の連結子会社4社からも募集され、グループ全体で150名程度となる見込み。

同グループは、昨年11月に2013年3月期の業績予想を大きく下方修正しており、競争力ある収益構造への改善を図るため、製造原価のコストダウンや販管費の削減、グループ会社の再編などの施策に取り組んでいます。本業である国内玩具市場での利益体質の転換、また今後の経営環境の変化に対応するためには経営構造改革が必要不可欠と判断し、その一環として人員の適正化に向けた希望退職を実施するとしています。

なお、本施策に伴って発生する費用については2013年3月期決算の特別損失として計上し、業績への影響は精査の上、確定次第開示するということです。
《宮崎 紘輔》
宮崎 紘輔

タンクトップおじさん 宮崎 紘輔

Game*Spark、インサイドを運営するイードのゲームメディア及びアニメメディアの事業責任者でもあるただのニンゲン。 日本の新卒一括採用システムに反旗を翻すべく、一日18時間くらいゲームをしてアニメを見るというささやかな抵抗を6年続けていたが、親には勘当されそうになるし、バイト先の社長は逮捕されるしでインサイド編集部に無気力バイトとして転がり込む。 偶然も重なって2017年にゲームメディアの統括となり、ポジションが空位になっていたGame*Sparkの編集長的ポジションに就くも、ちょっとしたハプニングもあって2022年7月をもって編集長の席を譲る。 夢はイードのゲームメディア群を日本のゲーム業界で一目置かれる存在にすること、ゲームやアニメを自分達で出すこと(ウィザードリィでちょっと実現)、日本武道館でライブすること、グラストンベリーのヘッドライナーになること……など。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  5. ナムコ、直営施設のゲーム機556台2224灯の照明をLED化…環境保全対策の一環として

  6. 脳波を測定して“好みの女の子”を自動選択してくれるVRデートコンテンツ誕生

  7. カプコンのVRアーケードゲーム『特撮体感VR 大怪獣カプドン』発表!9月16日稼動開始

  8. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

  9. 【E3 2017】イライジャ・ウッドも関わるVR対応スリラー『Transference』発表!

  10. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

アクセスランキングをもっと見る