人生にゲームをプラスするメディア

クリスマスまであと20日!北米空軍が毎年恒例の「サンタ追跡作戦」を開始

その他 全般

今年も米国とカナダが共同でサンタを追跡
  • 今年も米国とカナダが共同でサンタを追跡
アメリカとカナダが共同で運営する軍事組織の北米航空宇宙防衛司令部(North American Aerospace Defense Command:以下NORAD)が、毎年恒例となっているサンタクロースを追跡する国家事業「NORAD Tracks SANTA」を開始した。

「NORAD Tracks SANTA」とは、NORADが大真面目にサンタクロースの行き先を追跡する伝統的なイベントで、クリスマスイブの夜(アメリカ時間)には世界中を飛び回るサンタクロースの位置情報をリアルタイムに発信する。

この事業は、1955年に米大手スーパーのシアーズが「サンタクロースの家に電話しよう!」という子供向けイベントの広告に間違ってアメリカ中央防衛航空軍基地(CONAD)の司令官への直通電話の番号を掲載してしまったことに由来する。

当時のCONAD司令官・Harry Shoup大佐はいきなりの子供からの電話に面食らったものの、夢を壊してはいけないと咄嗟に「サンタクロースは北極圏にある自宅から南に飛び立った」と回答し、部下達にも「子供から電話がかかってきたらサンタクロースの現在位置を教えてあげるように」と命令した。

後日、この大佐の機知に富んだ行いは高く評価され、それ以降米空軍は毎年「サンタクロースの追跡実況」をするようになり、1958年からはNORADがアメリカ・カナダ共同国家事業としてこれを引き継いだ。

現在ではGoogleやFlickr、Facebook、Twitterなど民間企業もこの事業に協力し様々なクロスメディア展開が行われており、特にGoogleではShoup大佐の孫が同社スタッフである縁からYouTubeにサンタクロースの動画をUPしたりGoogle EarthやGoogle Mapで現在位置追跡を表示したりと同社の全サービスで全面協力している。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

    『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  2. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  3. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

    ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  4. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  5. 春麗が「オニツカタイガー」とコラボ! 百烈脚もより強力に?

  6. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  7. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  8. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  9. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  10. ファイナルファンタジー世界への旅行を計画!?『#FF旅企画展@新宿』が開催中

アクセスランキングをもっと見る