人生にゲームをプラスするメディア

エフェクト作成ツール「BISHAMON」、『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』に採用

マッチロックは、同社のエフェクト作成ツール「BISHAMON」が、ニンテンドー3DSソフト『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』に採用されたと発表しました。

任天堂 3DS
『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』パッケージ
  • 『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』パッケージ
  • 『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』ロゴ
マッチロックは、同社のエフェクト作成ツール「BISHAMON」が、ニンテンドー3DSソフト『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』に採用されたと発表しました。

「BISHAMON」は、3D空間上に、爆発、砂埃、火花、水しぶきなどの自然現象、さらには魔法や必殺技の特殊効果などを作り出すためのポリゴンベースのエフェクト作成ツール。アニメーションする背景の一部、オーラや雲など、広範囲に表示されるものにも利用できます。

わかりやすいインターフェイスで、エフェクト作成に特化したツールとなっており、プログラマに負担をかけることなく、デザイナーだけでエフェクトを作成できるのが特徴です。またSDKはマルチプラットフォームに対応しています。

今回採用された『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』以外では、PS3/Xbox360ソフト『Child of Eden』、XBOX LIVE Arcadeソフト『ジャイロマンサー』、データカードダス『仮面ライダーバトル ガンバライド』などでも利用されているとのことです。

なお、「BISHAMON」は体験版が同社サイトからダウンロード可能となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  8. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る