人生にゲームをプラスするメディア

世界が熱中する『コール オブ デューティ ブラックオプスII』開発者が語るその魅力とは ― 発売直前パーティーレポート(1)

ソニー PS3

左:パット・ドゥワイヤー氏<br>右:塩見卓也氏
  • 左:パット・ドゥワイヤー氏<br>右:塩見卓也氏
  • 大スクリーンで放映されたトレーラー
  • 大スクリーンで放映されたトレーラー
  • 大スクリーンで放映されたトレーラー
  • 大スクリーンで放映されたトレーラー
  • 大スクリーンで放映されたトレーラー
  • 小林大介プロデューサー
  • 小林大介プロデューサー
スクウェア・エニックスは、いよいよ11月22日に字幕版が発売されるPS3/Xbox360/PCソフト『コール オブ デューティ ブラックオプスII』の発売直前記念パーティーが品川インターシティホールにて開催しました。

開演と同時に本作のトレーラー映像が大迫力の大型スクリーンに映し出され、その映像美を再確認することができました。

上映後、間もなくスクウェア・エニックスの小林大介プロデューサーが登壇し、会場に駆けつけた事前応募の当選者200名、そして同時に公開されていたニコニコ生放送の視聴者に向けて、「本作には大変多くの要素が詰まっていて、発売日までに仕上げられるか不安でしたが、無事に発売することができます。本当に面白い作品になっているので、ぜひご期待下さい」と語りました。

そして、本作の開発を手がけたトレイアークのシニアプロデューサーであるパット・ドゥワイヤー氏が登壇し、ローカライズディレクターを務めたスクウェア・エニックスの塩見卓也氏の通訳で本作のシステムについて説明がありました。

まずは本作の軸であるシングルプレイの「キャンペーンモード」について解説がありました。このモードでは2025年の近未来と1980年代の舞台が登場しますが、過去のシリーズ作品をつなぐ非常に重要なモードになっています。特に近未来においては、実際に人間が開発できるような兵器を登場させたということです。実際に作品中にはアタッチメントとしても装着可能な、遮蔽物の裏側にいる敵を視認できるようにする武器が登場します。この技術は現在空港のセキュリティにも使用されているということで、近未来の作品とはいえ、単なるSFではないリアリティのある設定をつくりあげたということです。ちなみに、これらの兵器はキャンペーンモードのみならずマルチプレイヤーモードにも登場します。

また、パット氏はストーリーにも力をいれ開発に当たったと語り、シナリオは前作に引き続きデヴィッド・ゴイヤー氏に依頼、単なる悪役ではなく「よりパーソナルで魅入られるような悪役を描く」ことを目標にしたということです。本作にはラウル・メネンデスという悪役が登場しますが、プレイした後には「彼に共感する人もいるかもしれない」というほどに魅力的なキャラクターになっています。

そして、キャンペーンモードのもう一つ重要な要素が「プレイヤーの行動によりストーリーが分岐していく」という点です。また、本作から新たに導入された「ストライクフォース」というモードにも注目してほしいということです。このモードはプレイするもしないもプレイヤー次第。こちらもプレイする・しない、成功・失敗によってシナリオが変化していきます。従来のキャンペーンモードとは全く異なるものになっているということです。

システムの説明が終わったところで、パット氏は降壇し、キャンペーンモードで吹き替えを担当したデヴィッド・メイソン役の藤真秀さん、ラウル・メネンデス役の白熊寛嗣さん、アンダーソン役の竹達彩奈さんが登場し、実際のゲーム画面を交えたトークやアフレコの裏話などが語られました。

レポート第2弾はこちら
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

    全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  2. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

    ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  3. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

    『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  4. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  5. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  6. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

  7. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  8. 期待のリメイク『バイオハザード RE:2』はCERO:D/Zの2形態で発売ー予約は8月10日から

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

アクセスランキングをもっと見る