人生にゲームをプラスするメディア

韓国版『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』のチラシを日本版と比較してみた

韓国では11月8日に発売されたばかりのニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』。韓国滞在中に訪れたゲームコーナーでチラシを入手したので、日本版のチラシと比較してみました。

任天堂 DS
日本版の方が少し大きい
  • 日本版の方が少し大きい
  • 表紙デザインは両国一緒!
  • 日本版は四つ折り、韓国版は三つ折り
  • 日本版のチラシ
  • 韓国版のチラシ。日本版と比べ若干の違いがある
  • 日本版ではダウンロードソフトも大きく宣伝
  • 日本版の方が少し手が込んでいます
  • 違うとはいえ、ほとんどの情報は同じ
韓国では11月8日に発売されたばかりのニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』。韓国滞在中に訪れたゲームコーナーでチラシを入手したので、日本版のチラシと比較してみました。

まず、日本版との大きな違いは、日本が四つ折りなのに対し、韓国は三つ折りであることです。日本で配信されているニンテンドー3DSダウンロードソフト『ポケモン全国図鑑Pro』の情報がすっぽり抜けているので、韓国では(今のところ)配信される予定はないようです。

その他の構成や使用されている画像がいくつか異なるものの、基本的に内容は同じになっています。日本で配信されたニンテンドー3DSダウンロードソフト『ポケモンARサーチャー』も配信され、同じく捕まえたポケモンは『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』本体に連れて行くことができるようです。

ちなみに韓国での小売価格は39,000ウォン(約2,865円)と、日本の4,800円よりも2,000円近く安いという驚きの価格です。ちなみに、北米版は34.99ドルと、韓国よりも安く販売されています。

円高に加え、各国の物価の違いや、任天堂の戦略も異なるので、一概に日本が高すぎるとは言えませんが、この価格差には少しびっくりしてしまいます。『ポケモンARサーチャー』は5,000ウォン(約367円)と、日本よりも高い値段が設定されています。

こうして、日本のチラシを見比べてみると色々な違いが分かり、非常に興味深いですね。皆さんも海外に行く機会があれば、チラシを探して自分なりに見比べてみると楽しいかもしれません。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ/PS4『STAR OCEAN First Departure R』発表! シリーズの原点が新機能を備えて蘇る

    スイッチ/PS4『STAR OCEAN First Departure R』発表! シリーズの原点が新機能を備えて蘇る

  2. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

    『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

  6. 『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

  7. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る

1