人生にゲームをプラスするメディア

任天堂宮本氏、Wii Uタイトルの制作を開発者に呼びかける

任天堂の宮本茂氏が、ゲームソフト開発者に対しWii Uタイトルの制作を働きかけていることを海外ゲームサイトのインタビューで語っています。

任天堂 Wii U
Wii U ベーシックセット
  • Wii U ベーシックセット
  • Wii U プレミアムセット
任天堂の宮本茂氏が、ゲームソフト開発者に対しWii Uタイトルの制作を働きかけていることを海外ゲームサイトのインタビューで語っています。

数多くのサードパーティをWii Uへ引き入れるために、任天堂の宮本氏が自ら開発者たちと会っていることが明らかになりました。これは海外ゲームサイトのインビューで宮本氏自身が語っていることで、それによると氏は個々の開発者たちと会い、Wii Uの数々の機能の紹介や、タイトル開発の働きかけを行っているということです。

Wiiの多くの優良タイトルがファースト製であったことや、サードパーティ参入の少なさなどから、任天堂が開発ノウハウや技術の独占を行っているのではと思われることも多々ありました。しかしそれは事実ではなく、サードパーティは充分なノウハウやスキルを持っており、しかしタイトルの開発を行わなかったのは彼らの経営的意志決定によるものだと宮本氏は説明しています。

任天堂はユニークなハードウェアを作り出そうとしてきたため、ビジネスの観点からマルチプラットフォームタイトルの開発を望むデベロッパーには、第一候補のハードウェアとみなしてもらえなかったことがしばしばあったということです。

そのような現状を打破するためにも開発者たちと会い、Wii Uタイトルの開発を行うように働きかけ、彼らが本当に実現したいエンターテイメントを作ることができるよう支援していくことが自らの義務だと宮本氏は語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

    本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

  3. いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選

    いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選

  4. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  5. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  8. 『モンスターハンターライズ』はフィールド上の“あらゆる場所に”移動可能! フィールド内にエリアの境界はなく、新オトモ「ガルク」も登場─最新情報まとめ

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

アクセスランキングをもっと見る