人生にゲームをプラスするメディア

【ロコレポ】第2回 iOSの『レイトン教授』はBGMが良い…確率は100% 『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』

インサイド読者のみなさま、Here we go!ゲームライターのロココ試作型です。今回は、iOS『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』の魅力をご紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、9月21日に発売された新しい『レイトン教授』シリーズ。
  • 『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、9月21日に発売された新しい『レイトン教授』シリーズ。
  • プレイヤーは見習い分析官のルーシーとなって、アルフェンディと共に事件を解決しましょう。
  • 主人公のアルフェンディ・レイトンは、レイトンの息子という設定です。
  • これが、アルフレディが作り上げた独自の犯罪こ分析システムである「ミステリールーム」。
  • 画面をタップしながら、立体的に再現された犯行現場を調査することができます。
  • 色々な角度から眺めると、このように思わぬ発見があることも!
  • 現場調査が一通り終わったら、真犯人の推理タイムです。
  • 謎解きは、そこまで難しくないものがほとんどなので、ノーヒントでもクリアできると思います。
インサイド読者のみなさま、Here we go!ゲームライターのロココ試作型です。ジャンル問わず色々なソフトをプレイして魅力を伝える「ロコレポ」ですが、おかげさまで何とか無事に2回目を迎えることができました。今回はiOS『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』の魅力をご紹介します。

『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、新しい『レイトン教授』シリーズとして9月21日に発売されました。ジャンルは「タッチ推理ゲーム」で、レベルファイブ初のiOS端末対応作品になります。元々『ミステリールーム』は以前ニンテンドーDSソフトとして開発されていた経緯があるので、コアなファンの方ならご存知かもしれませんね。

■実際の事件現場に行ったような感覚で捜査できるシステムが特徴
この作品の特徴は、何といっても主人公のアルフレディ・レイトンが作り上げた独自の犯罪分析システム「ミステリールーム」だと思います。

3D投影された映像をタッチして動かしながら、気になるポイントや怪しい部分を調べるのですが、指でかなり自由に動かすことができるので手触り感があって良いですね。テーブルの下に証拠が隠れていたりすることもあるので、実際に物探しをしているみたいで楽しかったです。

■キャラクター同士の掛け合いが楽しい
この作品の魅力の一つに、キャラクター同士の交わすセリフの面白さがあります。見習い分析官のルーシーは何かにつけて反応がカワイイ女の子で、レイトンとのやり取りも微笑ましく、眺めているだけで癒されました。

ただ、欲を言えばこの作品はキャラクターボイスを収録して欲しかった気がします。掛け合いとてもが楽しいだけに、キャラクターがしゃべってくれないのはちょっと物足りなく感じました。

■サウンドが高品質
作曲家の古代祐三さんが担当されたサウンドは、素晴らしいの一言。ミステリー作品としての雰囲気を、とても優雅で上質なものに仕上げていると思います。ゲームミュージックファンの方なら、これはぜひ一度聴いて頂きたいです。

■ボリュームはちょっと少なめ
ゲームに収録されている事件は、全5話になります。1話ごとのボリュームは推理アニメのように短めなので、推理の難易度が低いこともあって結構サクッと終わってしまいます。

個人的にはカジュアルに読み進めることができて楽しめましたが、凝った推理ものを期待していると物足りなく感じるかもしれません。6話以降も発売予定とのことなので、こちらに期待したいですね。



『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、好評配信中で価格は1200円(税込)です。

レイトンブラザーズ・ミステリールーム - Level-5 Inc.

(C)2012 LEVEL5-Inc.
《ロココ試作型》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

    7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  2. ガラス越しの恋愛を再び。『囚われのパルマ Refrain』インプレッション

    ガラス越しの恋愛を再び。『囚われのパルマ Refrain』インプレッション

  3. 「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

    「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

  4. 【TGS2018】スマホで4対4の陣取りゲーム!基本無料の『リンクスリングス』プレイインプレッション

  5. 『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放決定!シンクロ召喚・モンスターも新登場

  6. 『バンドリ!』×「ココイチ」コラボ開催決定―ここだけのオリジナルボイスも聴けちゃう!

  7. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  8. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. 『FGO』「どのサーヴァントの英霊旅装と交換した?」結果発表―フォーリナー少女たちに人気が集中!【読者アンケート結果】

アクセスランキングをもっと見る