人生にゲームをプラスするメディア

Wakka、ゲーム向けイラストレーターの検索&制作管理システムを提供開始

ゲームビジネス 人材

Wakkaイラストオーダー
  • Wakkaイラストオーダー
Wakkaは、特にカードバトルタイプのソーシャルゲームで需要が高まっているイラストレーターを探したり、制作工程を管理するためのシステム「Wakka イラストオーダー」を22日から提供開始しました。同社の佐藤良司氏はゲーム会社や広告代理店を経て今年Wakkaを創業。複数の会社向けにソーシャルゲームの開発支援を行う過程で、煩雑となりがちなイラストの受発注を管理するためのシステムの構築に至ったと言います。

「イラストオーダー」には2種類の機能があります。まず1つは、ゲームのイラストなどを商業ベースで受託することができるイラストレーターのディレクトリという役割です。発注側は用意されたサンプルを確認して、望みのイラストを得意なイラストレーターを探すことができ、イラストレーターとしても仕事を得る機会が増すことになります。

もう1つは、イラスト発注後の制作工程を管理する機能です。この機能ではラフ、塗り、マスターといった工程ごとにイラストレーターがイラストをアップロードしていき、それを発注者がチェック、フィードバックを返していきます。マスター提出まで全てこのシステム上で完結させることができます。イラストの場合、データ量が大きくなってしまう場合もありますが、このシステムを利用すればファイル転送サービスなどを利用せずともファイルの納品まで済ませることができます。

佐藤氏はソーシャルゲームにおけるイラストの受発注には幾つか問題点があると指摘します。描いた後に事前の提示からかけ離れた額での納品を要求されたり、酷い場合には音信不通になるといった事件もありました。「そもそもイラストレーターさんへの尊敬が全くない業者も散見されます」(佐藤氏)といいます。また、商業ベースの仕事をする気の無いイラストレーターに対して一斉にPixiv等で仕事の依頼をかける、というようなマナーの悪い業者も指摘されます。こうした問題点は「イラストオーダー」を利用すれば解消されそうです。請求・支払い管理もシステムを利用する場合にはWakkaが仲介するため安心です。

発注者側にとっても「イラストオーダー」は多くの煩雑さを解決してくれそうです。多くのカードを発注する場合には、発注する先のイラストレーターの数も多くなる場合があります。こうした場合に、数十人を相手に、それぞれ進捗を確認し、フィードバックを返していくというのは大変な仕事です。そこに請求書や支払いの管理まで入ってきてしまうとお手上げ状態です。「イラストオーダー」ではウェブ上で案件ごとに進捗や、過去のやりとりを簡単に管理できるため、こうした仕事の煩雑さを解消してくれるでしょう。システムが「既に複数の会社に利用されていて、そこから上がった要望にも対応してきた」(佐藤氏)という点もポイントになりそうです。

「イラストオーダー」は本日から公開され、まずWakkaとこれまで付き合いのあったイラストレーターを中心に登録がされているほか、登録を希望するイラストレーターの受付もスタートしています。利用料金はイラストレーターの登録や登録されているイラストレーターの検索は無料。制作行程の管理システムの利用は発注側のみ月額210,000円(税込)となっています。現在は国内のイラストレーターのみが登録されていますが、ソーシャルゲームの海外進出も盛んになっている折で、今後は海外展開も含めて検討していくとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  4. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  5. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  6. 【GTMF2013】ソニー・コンピュータエンタテインメントが紹介するPlayStation向け最新テクノロジー-PS4・AR・脈動検出・PlayViewなど

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  9. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  10. 【CEDEC 2014】バンクーバーで新しい才能を探す、バンダイナムコスタジオのチャレンジ

アクセスランキングをもっと見る