人生にゲームをプラスするメディア

EA、『バトルフィールド3』の「バトルログ」開発のESNを買収・・・ゲームはゲーム機以外からも繋がる時代へ

エレクトロニック・アーツは、同社の『バトルフィールド3』と連携する「バトルログ」を開発したスウェーデンのデベロッパー、ESNを買収したとのこと。

ゲームビジネス その他
『Battlefield 3』向けのソーシャルサービス「バトルログ」
  • 『Battlefield 3』向けのソーシャルサービス「バトルログ」
  • 『Battlefield 3』向けのソーシャルサービス「バトルログ」
  • 『Battlefield 3』向けのソーシャルサービス「バトルログ」
  • 『Battlefield 3』向けのソーシャルサービス「バトルログ」
エレクトロニック・アーツは、同社の『バトルフィールド3』と連携する「バトルログ」を開発したスウェーデンのデベロッパー、ESNを買収したとのこと。GameIndustry.Bizが伝えています。

「バトルログ」はウェブベースのサービスでPC、スマートフォン(アプリも提供)からアクセスでき、『バトルフィールド3』のゲーム本編と連携し、対戦のマッチメイキング、ユーザー同士のチャットや電話、プロフィール閲覧、ゲームの各種統計情報のチェック、ゲームの設定変更、クラウド上でのセーブデータの保存などが提供されるサービス。ゲームの世界をPS3やXbox360などゲーム機の外に広げる、常にゲームの世界に繋がることを可能にします。



『バトルフィールド3』だけでなく、家庭用ゲーム機向けのタイトルでウェブとの連携を図るケースが増えています。PS3『グランツーリスモ5』ではウェブの「グランツーリスモ・ドットコム」にアクセスすることで実際にゲームを起動しなくてもレースに挑戦できたり、仲間の情報を確認できます。Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』ではウェブの「目覚めし冒険者の広場」からフレンドの情報などを確認できます。EAによるESNの買収はこうした動きを加速させそうです。

ESNは「これまでの数年間、私たちはEAやDICEと『バトルフィールド3』のバトルログを開発するため、緊密に仕事をしてきました。このようなチャンスを得られることができ、これ以上の喜びはありません」とコメント。

従業員は約20名ですが、今後拡大していく意向だとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  2. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. 「日本のメディア芸術100選」が発表される

  5. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. セガ、本社を品川に移転

  8. ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が米国任天堂らを提訴

  9. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  10. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る