人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエストX』ゲーム内で取材と称し、個人情報を聞き出す不審者が現れる

スクウェア・エニックスは、Wiiソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』のゲーム内で、取材と称して個人情報を聞き出す不審者がいると発表し、同様のケースに巻き込まれないよう注意を喚起しています。

任天堂 Wii
『ドラゴンクエストX』ゲーム内で取材と称し、個人情報を聞き出す不審者が現れる
  • 『ドラゴンクエストX』ゲーム内で取材と称し、個人情報を聞き出す不審者が現れる
スクウェア・エニックスは、Wiiソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』のゲーム内で、取材と称して個人情報を聞き出す不審者がいると発表し、同様のケースに巻き込まれないよう注意を喚起しています。

発表によると、ライターを名乗るプレイヤーが、しぐさ機能の「ダイス」と、RMTの取材と称して他のプレイヤーに話しかけ、ゴールドを手渡すことを条件に取材を行い、話しかけたプレイヤーやその知人の個人情報(氏名・年齢・電話番号)を聞き出していたとのこと。さらなる調査の結果、報酬として渡したゴールドはRMT業者から取得したもので、RMTの存在を知らないユーザーには「RMTによって多額の現金が稼げる」などと吹聴していました。

『ドラクエX』の利用規約では、「RMTでゴールドなどを取得すること」、またスクウェア・エニックス アカウント規約では「個人情報を聞き出す」ことが禁止されています。同社では今回の行為を非常に悪質であるとし、今回改めてこのような形で発表したということです。

今回の件に関して、本作プロデューサーの齋藤陽介氏は「やり口が汚すぎて初めてログを見た時に絶対に許せないと思いました。皆さん、ご注意ください」とTwitterでコメントしています。



なお、公式サイトでは、ルール・禁止行為・ペナルティについてまとめられたページも公開されています。現在楽しんでいるユーザーのみならず、今後ゲームを始めようと思っている方も、再度確認をしてみてはいかがでしょうか。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  2. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

    セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

アクセスランキングをもっと見る