人生にゲームをプラスするメディア

連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始

ゲームテックは、Wii用クラシックコントローラ互換コントローラ「連射ラクコン(ホワイト)」の仮注文受付を、ゲームテック直販サイト「ゲームテックダイレクト」にて9月25日より開始しました。

任天堂 Wii
連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始
  • 連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始
  • 連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始
  • 連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始
  • 連射ホールド機能搭載、Wii用クラシックコントローラ「連射ラクコン」プレオーダー受付開始
ゲームテックは、Wii用クラシックコントローラ互換コントローラ「連射ラクコン(ホワイト)」の仮注文受付を、ゲームテック直販サイト「ゲームテックダイレクト」にて9月25日より開始しました。

「連射ラクコン」はWiiのクラシックコントローラと互換がある連射コントローラ。連射機能は、A、 B、X、Z、ZL、ZR、L、Rボタンに設定可能で、連射速度は6/12/24/36連射の4段階の中から選択することができます。

さらに、連射ホールド機能も搭載しており、ボタンを押し続けることなく自動連射をすることが可能です。自然な握りで持ちやすいグリップタイプを採用しているので、長時間のプレイにも最適なコントローラとなっています。

現在、特設ページ内にあるメールフォームより、プレオーダーによる予約が受け付けられています。受付期間内にプレオーダーが規定数に達した場合、製品の発売(再販)を決定するとのことです。

■製品仕様
製品名:連射ラクコン
対応機種:Wii(クラシックコントローラ対応ゲーム)
標準価格:2,730円(税込)
機能:
・連射機能 (A、B、X、Z、ZL、ZR、L、Rボタンに設定可能)
・連射ホールド機能
・連射速度切替機能 (6/12/24/36連射の4段階)
発売時期:2012年11月下旬から末予定



また、プレオーダーをした方限定で、「連射ラクコン」が通常2,730円のところを1,980円で購入できるというキャンペーンも実施中。これは10月19日の10:00までにプレオーダーをした方限定なので、ご予約はお早めに。
《ひびき》

バーチャル関西の何でも屋さんです ひびき

2012年からインサイドにてゲームライターとして活動して、はや十数年。ちょっと古参気取りの何でも屋。Game*Sparkやアニメ!アニメ!にもたまに顔が出ます。ゲーム・アニメ以外では、ホビーやガジェット、バーチャルYouTuber業界が専門。お仕事お待ちしております。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』定番からオンリーワンまで大集合!皆が付けた「島の名前」約60個を紹介【読者アンケート】

    『あつまれ どうぶつの森』定番からオンリーワンまで大集合!皆が付けた「島の名前」約60個を紹介【読者アンケート】

  2. 『DELTARUNE Chapter 2』が9月24よりスイッチでも配信開始!無料アップデートで追加【Nintendo Direct】

    『DELTARUNE Chapter 2』が9月24よりスイッチでも配信開始!無料アップデートで追加【Nintendo Direct】

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 今年で20周年の『ペーパーマリオ』シリーズを振り返る!新作『オリガミキング』も7月17日に出るぞ

  5. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』馬宿に集う旅人(モブ)密着第二弾!ロマン、出会い、そして別れ…

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 新しいクソリプも追加されっぞ!配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』スイッチ版発表―ハードを跨いで轟けインターネットエンジェル

  8. 国内ではほとんど情報が無い海外版ファミコン「NES」の不思議な世界─ソフトの入れ方すら異なる“別物”っぷり!生粋のマニアがその魅力を語る

  9. 『あつまれ どうぶつの森』風呂やプールに入る裏技が発見される!?いろいろな家具の中に入ってみた

  10. 衝撃の事実!『ポケモン』モンスターボールの誕生に隠された“ある教授の研究”とは…

アクセスランキングをもっと見る