人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る

東京ゲームショウ2012前日にサプライズ発表された『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』、直近ではWii U版『NINJA GAIDEN 3』の発売日が決定しました。『DEAD OR ALIVE 5』に引き続き、Team NINJAのリーダーを務める早矢仕氏にお話を伺いました。

任天堂 Wii U
【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
  • 【TGS 2012】Wii U版『NINJA GAIDEN 3』刺激的すぎて出展見送り、稲船氏との『YAIBA』について早矢仕Pが語る
東京ゲームショウ2012前日にサプライズ発表された『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』、直近ではWii U版『NINJA GAIDEN 3』の発売日が決定しました。『DEAD OR ALIVE 5』に引き続き、Team NINJAのリーダーを務める早矢仕氏にお話を伺いました。

■海外勢に高評価を受けたサプライズ発表
―――まずは『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』(以下、YAIBA)、反響はいかがでしたか?
早矢仕氏:TGSというのは世界中のメディアが日本に来ていただく唯一の機会ですから、今回世界中のメディアから「TGSで1番大きいサプライズだ」と言っていただけてとても嬉しかったです。というのも、『YAIBA』に関しましては東京から世界中に通用するようなタイトルを発信したいということで制作をしていますし、今回発表したのもショウ自体の驚きをタイトルへの盛り上がりに繋げていきたいという思いがありました。魅力的に仕上がってきていますので、ぜひ続報をお待ちいただければと思います。

―――稲船さん率いるcomceptとのコラボレーションとなっていますが、開発におけるお2人の立ち位置はどのようになっているのでしょうか
早矢仕氏:今回のプロジェクトは我々Team NINJAとcomcept社、さらにデベロッパーのSpark Unlimited社がそれぞれ協議しながら進めていて、私と稲船さんがこのプロジェクトの共同プロデューサーになります。スタッフ全員が1つのチームのような感覚で仕事ができていて、お互いに刺激も受けつつ、いい形としてプロジェクトが進んでいますよ。

―――「YAIBA」にはどういった意味が含まれているのでしょう
早矢仕氏:PVで出してもらった片腕がメカのキャラクターがいて、彼が主人公のヤイバです。彼の名前を冠していると同時にブレイドの意味も含まれています。彼の生い立ちや、なぜヤイバという名前になったのか、主人公にフォーカスした新機軸のアクションゲームということでYAIBAと付けさせていただきました。



■続編を望むファンに応える形となった『NINJA GAIDEN Σ2 Plus』
―――こちらもサプライズ発表となりましたが、基本的には追加要素を盛り込んだ移植作品に?
早矢仕氏:そうですね。『NINJA GAIDEN Σ PLUS』をPS Vita向けに発売したところ、世界中のかたに好評をいただきまして「ぜひその続編を!」という声が実現することになりました。PS Vitaはコアなゲームを遊ばれるかた、求めるかたが多いなと感じています。僕らの『NINJA GAIDEN Σ2 Plus』に関しましては、今まで『NINJYA GAIDEN』シリーズを遊んでいただいている方が、より遊んでみたいと思っていただけるようなコアなプラス要素をいろいろご用意させていただいています。そこは続報をお待ちいただきたい。

■『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』はGamePad単体でも遊べます
―――Wii U同時発売が決まった『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』についても伺いたいのですが、話を聞くところ刺激的すぎてTGS出展が見送られたそうで
早矢仕氏:そうなんです。『NINJA GAIDEN 3』は多くの人に遊んでいただこうとしてマイルドといいますか、別の方向性のアプローチをとってみたところファンのかたからは「より刺激的なゲームを遊びたい」という意見が多かったんです。それであればしっかり応えようということで制作したのが本作になります。しかし、そのように作っていたらTGSに出展できないという事態になってしまいました(笑)

―――そんなに演出が派手なんですね
早矢仕氏:社内でもいい意味で「任天堂さんのハードでこんなゲームがあるんだ」という意見がでています。このトガったゲームを触っていただける機会はどこかで作りたいなとは思っていますし、もうハードの発売も近いので情報もお出ししていきたいと思っています。映像はネットを介してではないとお伝えできない刺激的なものになっていますから、ネットで情報を出していくと思っていてください。

―――Wii Uということで、GamePad単体でのプレイは可能でしょうか?
早矢仕氏:はい、GamePad単体で遊ぶこともできます。GamePadでも快適に遊べるよう、文字などもなるべく潰れないよう調整しています。

―――『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』発売に向けてメッセージを
早矢仕氏:こちらのタイトルは情報をまだすべて出していません。みなさんに大きなサプライズがまだ残っていますから、そこはぜひぜひ楽しみにしていてください。

―――ありがとうございました!

『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』は、Wii U本体と同時リリースとなる12月8日発売予定。価格は未定となっています。

(C)コーエーテクモゲームス
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 日本一ソフトウェア、荒廃した秋葉原を舞台に女の子たちがサバイバルする『じんるいのみなさまへ』をPS4/スイッチ向けに発表!

    日本一ソフトウェア、荒廃した秋葉原を舞台に女の子たちがサバイバルする『じんるいのみなさまへ』をPS4/スイッチ向けに発表!

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』は、輪廻転生が当たり前として認識された世界が舞台!「鬼ビ人(ジョブ)」を切り替える戦闘シーンも明らかに

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』は、輪廻転生が当たり前として認識された世界が舞台!「鬼ビ人(ジョブ)」を切り替える戦闘シーンも明らかに

  3. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  4. 任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

  5. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  8. 『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』5月16日発売─限定版にはマルチポーチと秘蔵設定資料集が付属

  9. 『スマブラSP』第1回「スマブラ画道場」結果発表!桜井政博氏のツッコミも冴え渡る

  10. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る