人生にゲームをプラスするメディア

「聖闘士星矢」など、ソーシャルゲーム事業が好調 ― 東映アニメが業績予想を上方修正

ゲームビジネス その他

東映アニメーションは9月24日、平成25年3月期の連結業績予想を上方修正したことを発表しました。通期では売上高が前回予想より12%増、経常利益は34.6%増になると見込まれています。

発表によると修正後の通期予想は、売上高が280億円(前回予想250億円)、営業利益32億円(同23億円)、経常利益35億円(同26億円)、当期純利益22億円(同17億円)になる見込みです。また、第二四半期累計の業績予想も同様に上方修正されました。

今回の修正については、平成24年4月よりサービスを開始した『聖闘士星矢 ギャラクシーカードバトル』等のソーシャルゲーム事業が好調に推移していることに加え、「ワンピース」や「スマイルプリキュア!」の関連商品も好調に稼動していることが要因となっています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  6. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  7. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 任天堂、平成27年3月期決算を発表 ― Wii Uは海外で順調、次期見通しにはアプリ収益も見込む

  10. Unity、利用者が100万人を突破・・・マルチプラットフォームゲームエンジン

アクセスランキングをもっと見る