人生にゲームをプラスするメディア

稲船敬二氏が手がける新作ゾンビゲーム『YAIBA』のティーザー映像が公開!

株式会社comceptのCEO及びコンセプターを務める稲船敬二氏は同社Webサイトにて新作ゾンビゲーム『YAIBA』を発表し、ティーザー映像を公開しました。

その他 全般
稲船敬二氏が手がける新作ゾンビゲーム『YAIBA』のティーザー映像が公開!
  • 稲船敬二氏が手がける新作ゾンビゲーム『YAIBA』のティーザー映像が公開!
株式会社comceptのCEO及びコンセプターを務める稲船敬二氏は同社Webサイトにて新作ゾンビゲーム『YAIBA』を発表し、ティーザー映像を公開しました。

ゲームの詳細はまだ明かされていませんが、稲船氏は“「ゾンビ」「アクション」「ニンジャ」「メカ」欲張りなコンセプトを上手くまとめ切った作品になると思う”と語っています。対象プラットフォームや発売日は未定。



以下、稲船敬二氏からのメッセージです。


「期待に応える」簡単なようで簡単ではない。2010年12月、コンセプターとして独立してから、そんなユーザーの期待を常に意識してきた。いったいこの稲船にどんな期待をしてくれているのか?その期待に応えた仕事をすることが出来るのか?独立後1年半が過ぎて、いろんなものを発表し、いろんな仕事を世の中に見せることが出来たと思っている。

コンシューマタイトルを3作品発表しソーシャルゲームも3作作った。講演やセミナーにも力を入れて全国の学校を回った。ビジネス本も3冊刊行し、まだまだ新しいことにチャレンジしている最中でもある。しかし、これで全ての期待に 応えられているのだろうか?いや、なにかが足りない気がする。皆が稲船に期待するものがまだあったはず。そう、いろんなとこで「いつ出すのですか?」「今度はどんな?」と聞かれるものがあった。

特に海外での稲船ファンから熱い要望はやっぱり、「稲船の新しいゾンビゲーム」だ。これだけ世の中に「ゾンビゲーム」が横行しても、ファンは稲船に特別な意識をもってくれていて、ゾンビに期待を してくれている。稲船が日本人としては珍しいくらいの「ゾンビ好き」だからか、稲船の「ゾンビ愛」をリスペクトしてくれているようだ。ならば、その「期待」に応えねばと思い、独立後しばらくして 考えついたものが今回のタイトルだ。

詳細はまだ明らかには出来ないが、稲船の好きなものでテンコ盛りしたタイトルだと言えよう。「ゾンビ」「アクション」「ニンジャ」「メカ」欲張りなコンセプトを 上手くまとめ切った作品になると思う。斬新でありつつ懐かしい、そして見たことのない「新しいゾンビゲーム」それがこの「YAIBA」だ。



ゾンビ好きとして知られる稲船敬二氏が手がける新作ゾンビゲーム『YAIBA』では果たしてどのような体験ができるのでしょうか。今後の更なる続報に期待しましょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. 100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

    100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

  4. 会場で存在感放つ万紫千紅の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ後編81枚【TGS2018】

  5. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  6. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  7. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  10. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る