人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム 覚醒』コザキユースケ氏による描き下ろしイラストがステキ

好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、追加コンテンツ配信、すれちがい通信によるチームデータ交換など、本編クリア後もまだまだ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

任天堂 3DS
好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、追加コンテンツ配信、すれちがい通信によるチームデータ交換など、本編クリア後もまだまだ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな『ファイアーエムブレム 覚醒』のキャラクターデザインを手掛けたのはコザキユースケ氏ですが、またもやTwitterで新イラストを披露しています。

ルキナーーー!!! on Twitpic開眼ヘンリー on Twitpic


今回は「ルキナ」と「開眼ヘンリー」の2キャラ。ヘンリーはゲーム中、目を開かないキャラクターの一人ですが、イラストでは開いてみた様子が描かれています。

そんなコザキユースケ氏の画集「KYMG:2」が先日発売されたようです。Amazonの商品ページによると、「烏丸響子の事件簿」『ノーモアヒーローズ2 デスパレートストラグル』『ファイアーエムブレム 覚醒』『エースコンバット アサルト・ホライゾン』「どーにゃつ」など、新規描きおろし3点を含む約110点を収録。氏が2008年~2012年に掛けて担当したキャラクターイラスト、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、好評発売中価格は4800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

    新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

  2. ニンテンドースイッチの本体アプデVer.11.0.0がアツい! PC&スマホへのスクショ転送、トレンド機能など見どころを具体的にチェック

    ニンテンドースイッチの本体アプデVer.11.0.0がアツい! PC&スマホへのスクショ転送、トレンド機能など見どころを具体的にチェック

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  5. ニンテンドースイッチ本体アップデート11.0.0配信開始―USB接続でPCへ画像・動画を転送可能に

  6. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  9. 『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

  10. 『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

アクセスランキングをもっと見る