人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム 覚醒』コザキユースケ氏による描き下ろしイラストがステキ

好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、追加コンテンツ配信、すれちがい通信によるチームデータ交換など、本編クリア後もまだまだ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

任天堂 3DS
好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、追加コンテンツ配信、すれちがい通信によるチームデータ交換など、本編クリア後もまだまだ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな『ファイアーエムブレム 覚醒』のキャラクターデザインを手掛けたのはコザキユースケ氏ですが、またもやTwitterで新イラストを披露しています。

ルキナーーー!!! on Twitpic開眼ヘンリー on Twitpic


今回は「ルキナ」と「開眼ヘンリー」の2キャラ。ヘンリーはゲーム中、目を開かないキャラクターの一人ですが、イラストでは開いてみた様子が描かれています。

そんなコザキユースケ氏の画集「KYMG:2」が先日発売されたようです。Amazonの商品ページによると、「烏丸響子の事件簿」『ノーモアヒーローズ2 デスパレートストラグル』『ファイアーエムブレム 覚醒』『エースコンバット アサルト・ホライゾン』「どーにゃつ」など、新規描きおろし3点を含む約110点を収録。氏が2008年~2012年に掛けて担当したキャラクターイラスト、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、好評発売中価格は4800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  4. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る