人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uの課金システムはフリー・トゥ・プレイにも対応

Wii Uの課金システムについて、任天堂岩田社長がE3 2012質疑応答で答えています。

任天堂 Wii U
Wii Uの課金システムについて、任天堂岩田社長がE3 2012質疑応答で答えています。

Wii Uには様々な課金のオプションが選べるようにDRM(Digital Rights Management)システムが設計されていると岩田社長は答えています。
このシステムを利用するこことにより、技術的にはフリー・トゥ・プレイや少額課金に対応可能になるようです。

つまり、基本プレイは無料で特別なアイテムに対して課金するシステムを持つような、新しいビジネスモデルのゲームの参入がより容易に行えると考えられます。

おそらく現状ではWii Uゲームに対しての課金を想定していると思いますが、将来的にはMiiの衣装や小物、『Miiverse』における追加要素など、他のプラットフォームではすでに導入されているような、様々な方面への利用が可能になるのかもしれません。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

    現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

    「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  6. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  9. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  10. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

アクセスランキングをもっと見る