人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uの課金システムはフリー・トゥ・プレイにも対応

任天堂 Wii U

Wii Uの課金システムについて、任天堂岩田社長がE3 2012質疑応答で答えています。

Wii Uには様々な課金のオプションが選べるようにDRM(Digital Rights Management)システムが設計されていると岩田社長は答えています。
このシステムを利用するこことにより、技術的にはフリー・トゥ・プレイや少額課金に対応可能になるようです。

つまり、基本プレイは無料で特別なアイテムに対して課金するシステムを持つような、新しいビジネスモデルのゲームの参入がより容易に行えると考えられます。

おそらく現状ではWii Uゲームに対しての課金を想定していると思いますが、将来的にはMiiの衣装や小物、『Miiverse』における追加要素など、他のプラットフォームではすでに導入されているような、様々な方面への利用が可能になるのかもしれません。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

    新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『魔界戦記ディスガイア Refine』発売日が7月26日に決定―初回限定版の内容も公開!

    『魔界戦記ディスガイア Refine』発売日が7月26日に決定―初回限定版の内容も公開!

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『クローズド・ナイトメア』理不尽な実験からの脱出を実写で描く、ホラーアドベンチャー

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. ローカル通信プレイ対応のニンテンドースイッチ版『ポータルナイツ』発売!

  10. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

アクセスランキングをもっと見る

1