人生にゲームをプラスするメディア

CEDEC 2012、今年のテーマは「エンターテインメント・ダイバーシティ」

ゲームビジネス その他

コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2012」運営委員会は、CEDEC 2012のテーマが「エンターテインメント・ダイバーシティ(Entertainment Diversity)」に決定したと発表しました。

CEDECは、ゲームや映像コンテンツなどを含むコンピュータエンターテインメントの開発・研究に携わるプロフェッショナル、および関連するビジネスに従事している人たちを対象としたイベントです。「CEDEC 2012」は、2012年の8月20日(月)~22日(水)までの3日間、パシフィコ横浜で開催される予定です。

「ダイバーシティ」とは、“多様性”“相違点”の意味。単体またはさまざまな事象の集合体が持つ個性の違い=多様性を価値として活かし、競争力の強化につなげようと言う考え方です。CEDECでは、コンピュータエンターテインメントのさまざまな多様性を、発展の源泉として積極的に活かしていくことを標榜するため、今年のテーマを「エンターテインメント・ダイバーシティ」に決定したとしています。

ちなみに昨年のテーマは「Cross Border」で、他の分野の人や技術などの垣根を越えて、エンターテインメントと交わることを表明したものでした。

なお、6月20日(水)からCDEC公式ウェブサイトでは、CEDEC 2012の受講申し込みを開始。早期申し込み割引などの特典が用意されているとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  9. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  10. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

アクセスランキングをもっと見る