人生にゲームをプラスするメディア

小学生のインターネット利用「ゲームをする時」6割強 ― 英会話のGaba調べ

英会話教室を展開するGABAは、「子どもの教育に関する保護者の意識調査2012」の結果を公表しました。

ゲームビジネス 市場
英会話教室を展開するGABAは、「子どもの教育に関する保護者の意識調査2012」の結果を公表しました。

この調査は、2012年4月27日~5月7日の期間に行われたもので、小学1年生~小学6年生の子どもを持つ30歳~59歳の父親500名・母親500名、合計1,000名から回答を得ました。

まず、習い事開始状況についてみると、「新学年になってから、新しい習いことを始めた」割合は、全体では19.8%と、約2割となり、学年別にみると、1年生がもっとも高く、35.5%で3人に1人の割合となり、小学生になって新しい習いことにチャレンジしている様子が窺えました。

現在習っているものを聞いたところ、全体では「スイミング」24.8%がもっとも高く、「学習塾」18.9%、「ピアノ」16.7%、「書道」12.5%、「英会話」9.6%が続きました。また、習いことをしていないのは25.5%でした。

1日のうちでどれくらい子どもと向き合って親子の会話をするか聞いたところ、「15分~30分未満」20.4%、「30分~45分未満」14.8%、「45分~1時間未満」15.8%、「1時間~1時間半未満」14.7%と15分~1時間半までの回答が多くなっており、平均時間は1時間9分でした。

携帯電話の保有率は、全体では19.7%と2割となっており、学年別では、低学年(1~2年生)11.4%、中学年(3~4年生)21.9%、高学年(5~6年生)25.7%と学年が上がるにつれ高くなりました。高学年(5~6年生)では、「スマートフォンを持たせている」との回答も1.2%(4件)見られました。

子どものインターネット利用について子どもに聞いてみると、「学校の宿題をする時」では、「よく利用している」3.2%、「時々利用している」11.6%、「数回利用したことがある程度」20.6%で、利用経験率は35.4%となりました。「友達と交流をする時」では、「よく利用している」2.2%、「時々利用している」5.6%、「数回利用したことがある程度」5.8%で、利用経験率は13.6%でした。

そして「ゲームをする時」では、「よく利用している」12.4%、「時々利用している」27.3%、「数回利用したことがある程度」21.7%で、利用経験率は61.4%と6割強となりました。

(協力調査機関:ネットエイジア)
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 小島監督は『メタルギア』シリーズの監督に変わりない―コナミ広報担当が回答

  7. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  8. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 【CEDEC2013】静的解析で開発現場はどう変わったのか――自動化が変えたソフトウェア品質

アクセスランキングをもっと見る