人生にゲームをプラスするメディア

『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』ゲームシステムの詳細が公開

バンダイナムコゲームスとフジテレビジョンは、ニンテンドー3DSソフト『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
バンダイナムコゲームスとフジテレビジョンは、ニンテンドー3DSソフト『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』の最新情報を公開しました。

「逃走中」は、2004年よりフジテレビ系列にて放送されている人気バラエティ。あるエリアで、限られた時間の中、“逃走者”が“ハンター”から逃げきれたら「報酬」を手にできるルールとなっていますが、途中で自首することも可能です。『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』は、番組同様にプレイヤーが“逃走者”となり、次々と追ってくる“ハンター”を振り切り賞金を獲得する、逃走アクションゲームとなっています。

プレイヤーは逃走中に、「逃げ切ること」以外にも、さまざまなミッションが課せられます。本作のミッションでは制限時間があるものと無いものが登場。ミッションはステージ内のいたる場所に存在し、条件をクリアすると、“ハンター”を追加投入する「ハンターボックス」が封印できたり、「逃走エリアの拡大」といった特典が得られ、逃走を有利にすることができます。ミッションは1エリアに複数存在し、1つをクリアすると一定時間経過後、次のミッションが発動します。ちなみに、あらゆる行動がトロフィー獲得に繋がる“表彰システム”もあります。

本ゲームでは、様々なアイテムを駆使してハンターをかわしながら、繰り出されるミッションをクリアし、逃走成功を目指します。番組でお馴染みの場所や現実では不可能なゲームならではの場所が体験できる多彩なマップ、そして多彩なキャラクターが登場。「江戸」や「おとぎの国」などバラエティ豊かな全10ステージのクリアを目指します。ステージ内で入手できるハンターフィギュアは、一度だけのプレイではコンプリートできないこともあります。

プレイヤーは第一逃走者として、ゲーム内で唯一操作可能な逃走者を操作します。ゲームではプレイヤー以外に3人のAI逃走者が登場、合計3人の逃走者がハンターから逃走することになります。

ハンターは、神出鬼没でエリア内をくまなく捜索します。捜索中、逃走者が視界に入ると、確保するか見失うまで全速力で追跡を行います。逃走者が視界から消えると、再び捜索を開始します。

スタートと同時に先に逃走者は逃げ、一定時間経過後にハンターが放たれます。制限時間内、ハンターに捕まらずに逃げきれれば、ゲーム勝利。プレイヤーが、ハンターに確保されてしまうと、ゲームオーバーで即終了です。なお、他のAIキャラが捕まった場合等、ダイジェストで状況を確認できるようになっています。

各ステージには「自首ボックス」が配置されており、自首することもできます。自首が成功すると、これまでの獲得賞金やボーナスが得られます。

『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』は、7月5日発売予定で価格は5,040円(税込)の予定です。

(C)FUJI TELEVISION (C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 『スマブラSP』出典別で見る大乱闘!最も多く関連要素が登場している作品は?

  10. 『スマブラSP』オンライン対戦の仕様が明らかに!今作では「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」などの区別を廃止

アクセスランキングをもっと見る