人生にゲームをプラスするメディア

コナミ2012年3月期決算、ソーシャルゲームなど好調で増収増益

コナミは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

ゲームビジネス その他
コナミは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると売上高2657億5800万円(前年比3.0%増)、営業利益409億5000万円(前年比97.0%増)、税引前当期純利益400億2600万円(前年比109.8%増)、当期純利益は230億1200万円(前年比77.9%増)となり、前年同期と比較して大幅な増収増益となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、『ドラゴンコレクション』『戦国コレクション』『プロ野球ドリームナイン』を中心とするソーシャルゲームの登録者数が引き続き伸長し、収益に貢献。

また、ゲームソフトでは、『ウイニングイレブン』(欧米名:Pro Evolution Soccer)シリーズ等の主力タイトルが堅調に推移しました。

ゲーミング&システム事業では、ビデオスロットマシン『Podium』、5リールメカニカルスロットマシン『Advantage 5』シリーズ等の販売が米国市場を中心に堅調に推移。遊技機事業では、『マジカルハロウィン3』がパチスロ機において過去最多の出荷台数を記録した他、グループコンテンツを使用したパチスロ機『がんばれゴエモン2』『悪魔城ドラキュラIII』を発売し、過去最高の売上を達成したとのことです。

なお、2013年3月期の通期連結業績については、売上高および営業収入が2,700億円、営業利益が411億円、税引前当期純利益が401億円、株主に帰属する当期純利益が231億円という予想になっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

    【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

  2. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  3. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  6. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  7. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  8. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

アクセスランキングをもっと見る