人生にゲームをプラスするメディア

DeNA、堅調推移でプラス成長維持 ― 上場以来8期連続で

ディー・エヌ・エーは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

ゲームビジネス その他
 
  •  
ディー・エヌ・エーは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると、売上高1457億2900万円(前年比29.3%増)、営業利益634億1500万円(前年比13.0%増)、経常利益626億6000万円(前年比11.4%増)、当期純利益は344億8500万円(前年比9.1%増)となりました。前年同期はいずれも100%超の大幅増でしたが、2012年3月期は堅調な成長となりました。

同社では、2015年3月期に営業利益2,000億円を目指す長期ビジョンに基づき、「Xdevice」(クロスデバイス)、「X-border」(クロスボーダー)を成長戦略の2本の柱とし、国内外でプラットフォームの構築と強化に取り組んでいました。

2012年度については、ゲーム内専用仮想通貨「モバコイン」の消費が拡大し、ゲーム関連売上が前連結会計年度比で大幅に増加。内製・協業タイトルにおけるコイン消費は、第3四半期を底にV字回復を達成しており、第4四半期でのモバコイン消費高は500億を超え、「Mobage Japan」は順調に成長中となりました。

一方、費用面で、ゲーム関連売上の増加に連動して代金回収代行手数料やゲームデベロッパーへのレベニューシェア支払等が増加し、また、グループ規模の拡大にともなう人件費の増加等、売上原価、販売費および一般管理費がともに増加。また、2011年12月には横浜ベイスターズを買収。発行済株式の一部(870,000株 議決権割合66.92%)を65億円にて取得しています。

これらの結果、売上高は1457億2900万円、当期純利益は344億8500万円となり、売上高および利益ともに上場以来8期連続で過去最高を更新したとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂はゲームがてんかんを起こす事を知っていた?

    任天堂はゲームがてんかんを起こす事を知っていた?

  2. 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

    【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

  3. 2019年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  8. 【CEDEC 2012】アーケードゲームの「これまで」と「これから」 ― 次世代の技術者を育てるには

  9. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

  10. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

アクセスランキングをもっと見る