人生にゲームをプラスするメディア

KLab、コンプガチャ指導があれば「従う」・・・売上への影響は5%以下との見方

ゲームビジネス 市場

プレスリリース
  • プレスリリース
  • コンプガチャ、テーマガチャを導入した同社タイトル
消費者庁がコンプガチャの規制に乗り出す方針と伝えられた件について各社は沈黙を保っていましたが、KLabが14時20分に「消費者庁によるコンプリートガチャ中止要請報道について」とのプレスリリースを発表。初めて見解を明らかにしました。

同社は報道について「所謂"コンプガチャ"と呼ばれるシステムも様々であり、その定義は定かではありません。"コンプガチャ"の中にも景品表示法が禁ずる"カード合わせ"に該当するものとそうでないものが存在すると考えられ、現時点において、どのような"コンプガチャ"が"カード合わせ"に該当するのか定かではありません」とコメント。

KLabでは『恋してキャバ穣』『真・戦国バスター』『テイルズ オブ キズナ』『キャプテン翼モバイル』など全タイトルで、コンプガチャもしくは、10アイテム以下のアイテムで構成され揃った際に報酬を付与するテーマガチャと同社が呼ぶシステムを導入しています。

仮にコンプガチャ等に中止要請があった場合には「全面的に従う」として、既に改修の検討に着手。ゲームそのものを停止するのではなく、ゲームシステムに改修を加えることで景品表示法に抵触する可能性を排除したいとしています。

コンプガチャの売上の算出は難しいものの、同社によればコンプガチャを導入することで売上が15%程度向上したとのこと。これが禁止された場合には売上が減少することになりますが、それに代わるシステムを導入することで売上の下落をある程度防げるとして、影響は5%以下ではないかとしています。また、KLabのゲームはコンプガチャへの依存が低いもので、依存度の高いゲームから同社製ゲームへの流入も期待でき、良い影響もあるのではないかとしています。

業績予想については、プラス面とマイナス面の両面が考えられ、平成24年8月期業績に与える影響は不明としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  3. タカラ、コナミの舘野登志郎専務を新副社長に選任

    タカラ、コナミの舘野登志郎専務を新副社長に選任

  4. 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告

  5. 外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

  6. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  7. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  8. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

  9. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  10. 『ワンダーボーイ』や『モンスターワールド』のウエストンビットが破産・・・「時代の終わりを感じた」との声も

アクセスランキングをもっと見る