人生にゲームをプラスするメディア

インデックス『ドラゴンズクラウン』販売権を取得 ― 開発継続で「アトラス」ブランドから発売へ

ゲームビジネス その他

インデックスは、PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンズクラウン』のタイトルIPならびに製造・販売権をイグニッション・エンターテイメント・リミテッドより取得し、ゲームブランド「アトラス」にて取り扱う契約を締結したと発表しました。

イグニッション・エンターテイメント・リミテッド(以下イグニッション)は、『エルシャダイ』の開発元として知られるイギリスに本社を置くゲームソフト開発・販売会社です。親会社のインド最大手エンタテイメント企業UTVは、今年2月にウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されています

『ドラゴンズクラウン』は、PS3/PS Vita向けに発売を予定しているベルトフロア型の横スクロールアクションRPGです。開発はPSP『グランナイツヒストリー』やWii『朧村正』で知られるヴァニラウェア。当初はイグニッションからの販売を予定していました。

今回『ドラゴンズクラウン』において、インデックスがイグニッションからタイトルIP(知的財産権)や製造・販売権を取得。改めて『ペルソナ』シリーズなどでお馴染みのインデックスのゲームブランド「アトラス」から販売されることが決定しました。これにより、ヴァニラウェアによる『ドラゴンズクラウン』の開発継続もあわせて決定しました。

ヴァニラウェア開発・アトラス発売のタッグによるゲームは、2007年にPS2ソフト『オーディンスフィア』があり、日本・北米・欧州地域で35万本の販売を達成しています。

また、『ドラゴンズクラウン』の公式サイト(日本語)は、すでにアトラスのサイト内に設置されているようです。

発売は実質延期となってしまいましたが、無事に発売されることが決定した『ドラゴンズクラウン』。発売を楽しみにしていた方は、どうぞ続報にご期待ください。

『ドラゴンズクラウン』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)Index Corporation 2011 Produced by ATLUS
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ユーリの騎士団時代を描く『テイルズ オブ ヴェスペリア』劇場用アニメ

    ユーリの騎士団時代を描く『テイルズ オブ ヴェスペリア』劇場用アニメ

  2. 『マギア☆レコード』開発者向けセミナーを開催ーf4samurai設立者が語るエンジニアの役割とは?

    『マギア☆レコード』開発者向けセミナーを開催ーf4samurai設立者が語るエンジニアの役割とは?

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  5. 今週発売の新作ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』『Nintendo Labo』『METAL MAX Xeno 滅ぼされざる者たち』他

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  8. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  9. ソーシャルカードゲームでも本格的なTCGを!『サムライソウル』のこだわりとは

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る

1