人生にゲームをプラスするメディア

クラウドゲームの「Gaikai」、フェイスブックでサービス開始・・・『デッドライジング2』など本格ゲームが楽しめる

ゲームビジネス その他

 
  •  
  •  
  •  
  •  
クラウドゲームサービス「Gaikai」を提供するロサンゼルスのスタートアップ、Gaikaiはフェイスブック上でもサービスを開始しました。βプログラムは残念ながら北米と欧州のユーザーが対象で、日本など対象外のユーザーはプレイ不可となっていますが、クラウドゲームの流れが巨大なユーザー数を抱えるプラットフォームにも広がりそうです。

Gaikaiはクラウドでゲームを遊ぶサービスで、専用機は要らず、ゲームの処理をクラウドで行うため端末(クライアント)の性能に依存しません。ノートPCのようなリソースの限られる環境でも高速インターネットが利用可能であれば、家庭用ゲーム機並のクオリティのゲームを遊ぶ事が出来ます。今回はフェイスブックでの提供ですので、Javaがインストールされたブラウザ(IE、Chrome、Firefox、Safariに対応)からアクセス。Windows、Mac、LinuxなどOSの種類は問いません。

βプログラムではカプコンの『デッドライジング2 オフ・ザ・レコード』をはじめ、『セインツロウ ザ・サード』(THQ)、『ウィッチャー2』、『Magicka』、『Orcs Must Die!』、『Farming Simulator 2011』、『Sniper - Ghost Warrior』といったタイトルが用意されます。

GaikaiのDavid Perry CEOは「人々はフェイスブックから離れずゲームを遊びたいのです。それをジンガの成功は示しています。クラウドゲームではユーザーのPCにゲームをダウンロードしたりインストールする必要が無くなります。クラウドの中でゲームが実行されるのです。フェイスブックは多くのユーザーに利用されているだけでなく、ソーシャルグラフを利用することでユーザーとの関係性を高めることができます。Gaikaiはゲームとユーザーの新しい結びつきを提供できるでしょう」と述べています。

ゲームを提供するTHQのKevin Kraff副社長グローバルブランドマネジメント担当は「Gaikaiの技術により私たちのゲームをより広い顧客に届けることができます。私たちは素晴らしいコンテンツを作るだけでなく、それをいかに届けるかを考えなくてはなりません。フェイスブックにおけるクラウドゲームサービスは単に革新的なだけでなく、既存のユーザーも新規ユーザーも恩恵を受けられるものなのです」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

    ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  2. アニメからも美闘士が参戦!ブラウザゲーム『クイーンズブレイド THE CONQUEST』を体験

    アニメからも美闘士が参戦!ブラウザゲーム『クイーンズブレイド THE CONQUEST』を体験

  3. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

    日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

  4. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  5. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  6. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(後編)

  7. Google、自社製VRヘッドセット「Daydream View」を11月発売へ!お値段約8,000円

  8. 『ルーンファクトリー』シリーズを手がけたネバーランドカンパニーが事業停止、近日中に破産手続開始の申し立てを予定

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る