人生にゲームをプラスするメディア

Eidos Montreal「スクエニとは父と子以上のパートナーシップがある」

『Deus EX: Human Revolution』は2007年から開発がスタート、その2年後にEidosがスクウェア・エニックスの傘下となる大きな変化が訪れましたが、同スタジオのジェネラルマネージャーがスクエニとの関係をインタビューにて明らかにしています。

ゲームビジネス 人材
デウスエクス
  • デウスエクス
昨年は『Deus EX: Human Revolution』にてシリーズの再興を果たしたEidos Montreal。同作は2007年から開発がスタートし、その2年後にEidosがスクウェア・エニックスの傘下となる大きな変化が訪れましたが、同スタジオのジェネラルマネージャーStephana D'Astous氏が当時から現在までのスクエニとの関係を業界ニュースサイトGamasutraのインタビューにて明らかにしています。

「パートナーシップは父と子の関係以上ですよ、彼等は本当にやりたいことをやらせてくれる。細かな部分まで介入してきませんし、それに私は欧州スクエニのCEOであるPhil Rogersに報告を直接するんです」とコメントしたD'Astous氏。スクエニは制作面における自由と手厚いサポートを提供してくれるとインタビュー中に何度も言葉にし、またその一例として以下のようなこぼれ話を明らかにしています。

「彼等は本当に我々を尊敬してくれてます。彼等がどれだけ礼儀正しいかというと、初年度から毎月かと思うほど東京から訪問者がやってきた。技術や人材、IT、クリエイティブの面のやり取りでね。少なくとも彼等は本当に我々に対して誠実だし、“あれをやれ、これをやれ”と言われるよりも良いことがあるのがよくわかったよ」


なおインタビューは昨年11月に行われたSquare Enix Montrealの設立とEidos Montrealの人員拡大にもフォーカスしており、D'Astous氏は両スタジオが統合されずに分けられた理由について、Eidos Montrealが管理しやすい規模に収まるための尽力があったと説明しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  2. 2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

    2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

  3. ソフトバンク、スーパーセルを中国テンセントに売却で合意間近と報道

    ソフトバンク、スーパーセルを中国テンセントに売却で合意間近と報道

  4. 【週間売上ランキング】『レイトン教授と最後の時間旅行』が2週連続1位(12月1日〜7日)

  5. 今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

  6. 【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

  7. ゲームのうまい人はIQも高い? ゲーム大会上位入賞者からメンサへの入会者が

  8. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  9. 2019年1月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  10. 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

アクセスランキングをもっと見る