人生にゲームをプラスするメディア

作家3人で協力制作「バディ スピリッツ」の魅力とは ― 担当編集・屋田氏が語る

ゲームビジネス 開発

「ヒーローを生み出し育ていく」をコンセプトに掲げ、2011年11月に創刊した漫画雑誌未来形コミック月刊「ヒーローズ」の注目作のひとつ「バディ スピリッツ」(脚本:岸本みゆき、作画:gyuo、構成:黒岩よしひろ)。3人の作家の手綱を取りながら作品づくりを進めて行くのが担当編集の屋田吾郎さんだ。作品づくりの秘話から「バディ スピリッツ」の目指す背景をうかがった。
(文・荒川澄)



―――担当編集の屋田さんから見た「バディ スピリッツ」の魅力とは?

屋田吾郎さん(以下屋田):岸本さんのシナリオを、黒岩さんがネームにして、gyuoさんが作画する。この3人の先生方が協力し力を合わせることで相乗効果を生んでいるところだと思います。岸本さんのシナリオを黒岩さんがネームにする過程では、互いにかなり突っ込んだ話し合いをされていますし、それを受けて完成したネームをgyuoさんが渾身の力で作画しています。

―――普通の作品よりも手間がかかりますね。

屋田:この作品は、脚本、構成、作画と、3人の作家が関わっているので、編集者としては通常より作業が多くなり、たしかに手間もかかります。しかし、「バディ スピリッツ」は、この3人の先生方の協働作業だからこそできる作品でもあります。アニメ作品などでも活躍されている岸本さんのシナリオは、ヒーローものの定型をしっかり押さえつつスリリングでオリジナリティにあふれていますし、少年ジャンプで活躍されていた黒岩さんのネームは、ダイナミックでありながらわかりやすくて読みやすい。

作画のgyuoさんも、本来はとても難しいロボットのアクションや近未来の世界観を、非常に丁寧に描いてくださっています。gyuoさんは、フランスやアメリカでもお仕事されている、すごく実力のある漫画家さんなんです。まさに、この3人のプロフェッショナリズムによって成立しているのが「バディ スピリッツ」なのだと思います。

―――今後の展開も楽しみです。

屋田:作品づくりの原点は、読者に喜んでもらえる“いいマンガ”を作ることだと思います。「バディ スピリッツ」は、3人の作家陣がタッグを組んでひとつの作品を作っている、まさに“ライブ”だと思っています。今後も良い意味で読者を裏切るような作品を作り続けていきたいと思っておりますので、ご期待いただければと思います。
《アニメ!アニメ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  3. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

    YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

  4. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  5. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(後編)

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  8. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  9. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る