人生にゲームをプラスするメディア

『キングダムハーツ 3D』初動は21万3000本、『プロスピ2012』は安定した売れ行き・・・週間売上ランキング(3月26日~4月1日)

その他 全般

メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

今週の1位はスクウェア・エニックスの『KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]』(3DS)で、販売本数は21万3000本。人気シリーズの完全新作ということもあり、2012年に入ってから発売された3DSソフトの中で最多の初動を記録しました。

同時に限定3DS同梱版も発売されましたが、こちらは予約だけで完売状態。ゲーム販売店頭で見かけることはありませんでしたが、本体と一緒に購入するユーザーの姿も多く見かけ、ハードも大きく牽引した模様。メディアクリエイトのデータによると、『新・光神話 パルテナの鏡』や3DS新色「コバルトブルー」が発売された前週の3DS週間販売台数は9万4000台で、今週は12万2000台と、約3万台数字を伸ばしています。

また、開幕シーズンにあわせて発売されたKONAMIの定番野球ゲーム最新作『プロ野球スピリッツ 2012』(PS3/PSP/PSV)が3機種全てランクイン。PS3版が9万本で2位、PSP版が6万本で3位、PS Vita版が11位で1万7000本、3機種合計で16万7000本を販売しました。

前作『プロ野球スピリッツ 2011』の初動と比べてみると、PS3版が8万6000本(+4000本)、PSP版が7万1000本(-1万1000本)、PS3版は数字を伸ばしましたが、PSP版は逆に数字を大きく落としています。ハードの世代交代のタイミングというのも影響している為と思われます。

では新ハードでの数字を比べてみると、3DS版『プロ野球スピリッツ 2011』が1万2000本だったのに対し、PSV版『プロ野球スピリッツ 2012』は1万7000本と、新ハードでの初動はPS Vita版の方が5000本多い結果に。結果、今年はPSP版の落ち込みをPSV版がカバーし、トータル的にはほぼ横ばいの数字になりました。

今週の新作は他にも『アイドルマスター アニメ&G4U!パック VOL.6』(PS3)が10位、『SILENT HILL:HD EDITION』(PS3)が15位、『王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~』(PSV)が19位、『逢魔時 ~怪談ロマンス~』(PSP)が26位にそれぞれランクインしました。

順位 タイトル 週間 累計
1 KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]
213,000 213,000
2 プロ野球スピリッツ 2012
90,000 90,000
3 プロ野球スピリッツ 2012
60,000 60,000
4 新・光神話 パルテナの鏡
47,000 180,000
5 ポケモン+ノブナガの野望
30,000 268,000
6 クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編
27,000 131,000
7 スーパーマリオ3Dランド
25,000 1,465,000
8 モンスターハンター3(トライ) G
21,000 1,358,000
9 マリオカート7
20,000 1,622,000
10 アイドルマスター2
18,000 18,000
11 プロ野球スピリッツ 2012
12 マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック
13 デビル メイ クライ HDコレクション
14 初音ミク and Future Stars Project mirai
15 SILENT HILL:HD EDITION
16 ワンピース 海賊無双
17 牧場物語 はじまりの大地
18 シャイニング・ブレイド
19 王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~
20 Wii Sports Resort Wiiリモコンプラス パック
21 NINJA GAIDEN 3
22 フェアリーテイル ゼレフ覚醒
23 圧倒的遊戯ムゲンソウルズ
24 モンスターハンターポータブル 3rd PSP the Best
25 Wii Party
26 逢魔時 ~怪談ロマンス~
27 nintendogs + cats
28 薄桜鬼 幕末無双録
29 JUST DANCE Wii
30 マリオカートWii
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 【週刊インサイド】『FGO』英霊剣豪七番勝負に関心が集中―『スプラトゥーン2』や任天堂ハードの特集も人気に

    【週刊インサイド】『FGO』英霊剣豪七番勝負に関心が集中―『スプラトゥーン2』や任天堂ハードの特集も人気に

  4. 【特集】広くて危険な「オープンワールドアクションの世界」10選

  5. 【レポート】キミもこれでアーサー王!?エクスカリバーや精巧なフィギュアが並ぶグッドスマイルカンパニー

  6. 「ゴールデンカムイ」ジェノスタジオがアニメ化! 監督はアニメ「FGO」の難波日登志

  7. 日本一ソフトウェア新作タイトルのティザーサイトが公開、4つのカラーがテーマ?

  8. 【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

  9. 『グラブル』新作TVアニメの制作が決定! イベント「騎空士総会」で発表

  10. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

アクセスランキングをもっと見る