人生にゲームをプラスするメディア

次世代タイトルの開発コストは2倍に ― ドゥランゴ開発者が証言

ゲームビジネス 開発

海外サイトで次々と噂が飛び交うようになった次世代コンソールの存在ですが、コードネーム“Durango(ドゥランゴ)”やXbox 720の名前で噂されるXbox 360後継機の開発環境に関して、新たな関係者証言が見つかりました。

Xbox 360やPS3で初期にリリースされたタイトルの続編を次世代機向けに開発するという人物が業界サイトGameIndustry.bizに語ったところによると、“Durango”の性能を引き出すためには、キャラクターモデルの作成などに多大な時間を要し、開発コストもこれまでの2倍に膨れ上がっているのだとか。

GameIndustry.bizは、先日スペックがリークしたソニーの次世代機PS4(コードネームOrbis)や、タブレットコントローラーに特化した独自デザインが必要になる任天堂のWii Uでも同様の開発費高騰が予想され、その結果、オンラインパスをはじめとする中古対策、幅広い種類の有料DLC、『Call of Duty Elite』のような課金サービス等がいっそう本格化していくと指摘。

また、次世代に移行し開発リスクが更に高まることで、パブリッシャーは既に成功したフランチャイズのみにフォーカスするようになり、新しいコンセプトを持つ新規IPへの投資は少なくるとの推測も。XBLAやPSN、そして今後登場予定のNintendo Networkを対象とした、開発費が小規模のダウンロードタイトルに革新性の機会があるとしています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【CEDEC 2013】リハビリ用ゲーム『リハビリウム起立くん』から見た、介護施設へのゲーム導入とその可能性

  5. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  6. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 【CEDEC 2010】外国人が語る欧州言語向けローカライズの実情

  10. 【GDC 2013】NimbleBitが語る、「ゲーム制作における極意と禁忌」

アクセスランキングをもっと見る