人生にゲームをプラスするメディア

『マックス・ペイン3』特徴的な外見と使用感を持たせた武器の数々を紹介

ロックスター・ゲームスは、PS3/Xbox 360ソフト『マックス・ペイン3』の武器に関する情報を公開しました。

ソニー PS3
ロックスター・ゲームスは、PS3/Xbox 360ソフト『マックス・ペイン3』の武器に関する情報を公開しました。

『マックス・ペイン3』は「シネマティック・アクション」として名高い『マックス・ペイン』シリーズの最新作です。

同作の特徴の一つは、主人公・マックスがスクワッド(分隊)の仲間に応援される軍人ではなく、ほとんど1人きりで敵の軍勢と戦うシーンが多いことです。圧倒的な強敵に対しても、マックスは己の銃を頼りに、ひるむことなく立ち向かいます。プレイヤーがマックスと同化し、「バレットタイム」を駆使して敵の攻撃を巧妙に避け、「シュートドッジ」を用いて反撃に転じるという流れは、最近のカバーを中心としたシューティングゲームのそれとは異なる体験をもたらすことになるといいます。

マックスは一般的なゲームの主人公とは異なり、その人生で大きな悲劇と挫折を経験している非常に興味深いキャラクターです。彼は複雑で不安定な内面と、ハードボイルドな皮肉屋という外面を抱えています。マックスが使用する銃器や爆発物は、多岐に渡って用意されており、プレイヤーによってプレイスタイルが異なることを念頭に、複数のカテゴリに渡ってバランスよく武器を配備。それぞれの判断で選択できるようになっています。全編をピストルだけで乗り切ろうというハードコアなファンもいるでしょうが、様々な状況やプレイスタイルに対応できるよう、ショットガン、アサルトライフル、サブマシンガンや様々な爆発物が盛り込まれています。

『マックス・ペイン3』では、豊富な武器が選択できるだけでなく、マックスのリアルな存在感までも感じてもらえるよう配慮されています。なお、あらゆる場面でプレイヤーが違和感を覚えることなくマックスと同化できるよう、現実に存在する武器に特化しているため、SFチックな武器は一切登場しません。

個々の武器に特徴的な外見と使用感を持たせ、武器のカテゴリ毎に長所と短所が生まれるよう調整されています。例えば、拳銃はヘッドショットを狙うのに有効な一方、サブマシンガンは近距離で大多数の敵を片づけるのに向いています。拳銃は二丁持ちにすればさらに効果的。遠距離でも驚異的な威力を発するアサルトライフルは、着弾時の衝撃が強烈なため、たとえ敵を仕留め損ねたとしても、敵を地面に倒れさせ、再び攻撃してくるまでの時間を稼げます。それとは対照的に、ショットガンは接近戦では多大なダメージを与えられるものの、効果的な使いどころを見極める必要があります。

マックスは最大で3種類の武器を同時に携帯できます。拳銃やサブマシンガンといった片手用武器を組み合わせて二丁持ちにできるほか、アサルトライフルやショットガンなどの両手用大型武器に即座に持ち替えることも可能。これにより、マックスが弾切れになった武器を投げ捨て、ステージ内をスムーズに移動しながら新たな武器を拾うといった、香港映画さながらのスタイリッシュなアクションが生み出されているといいます。

さらにプレイヤーは、ゲームプレイ中のみならず、カットシーンにおいても、自分が選択した武器を見につけたマックスの姿を見られるため、リアルな感覚を味わことができます。マックスが脇にアサルトライフルを抱えながら、バランスをとりつつ、サブマシンガンをリロードするといった、複雑な状況に対応するための特殊アニメーションも多数用意されているといいます。



同作ではまた、今年1月に発表されたツイッター・キャスティングキャンペーンの当選者たちをモチーフとしたツイッターギャングの映像が初めて公開されています。合わせてチェックをしておきましょう。

『マックス・ペイン3』は、2012年春に発売予定で価格は未定です。

(C)2011 Rockstar Games, Inc.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  2. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

    『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  4. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  5. 『アッシュと魔法の筆』少年が描く“かいぶつ”が、寂れた港町を蘇らせる─鮮やかなペイント・アクションADVが発表に

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】はいだらー!『ANUBIS ZOE : M∀RS』言葉の意味はわからんがとにかく凄い自信だ!

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  8. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

  9. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

  10. SIE、「TGS2018」PSブースの詳細を発表─世界初試遊となる『Days Gone』を含む約30タイトルが体験可能!

アクセスランキングをもっと見る