人生にゲームをプラスするメディア

「なめこ」「enchant.js」「PSVita」など、Mobile IT Awardを受賞

ゲームビジネス その他

明日16日まで東京ビックサイトで開催されている第1回モバイルITアジアに合わせて実施されたMobile IT Award(選考委員長 ジャーナリスト林信行氏)の受賞結果が発表されました。

これは優れたインフラ機器、ソフトウェア、サービス、ソリューション等、並びにそれらを活用して優れたサービスを実現した技術等を7つのテーマで表彰するもので、今回は震災から1年目の節目に当たることから、震災復興に貢献した特別賞も設けました。

ゲーム関連では、なめこ旋風を巻き起こしたビーワークスの『おさわり探偵なめこ栽培キット』、SCEの「PlayStation Vita」、UEIのHTML5ゲームを簡単に実現するフレームワーク「enchant.js」、特別賞ではゲームロフトの『レッツ!ゴルフ2 HD』、D2Cの『関ヶ原演義』が受賞しています。

ベストイノベーション賞
・該当者なし

アプリ部門
・ライフツーピッツ株式会社「On Say」
・株式会社ビーワークス「おさわり探偵なめこ栽培キット」

コンテンツ部門
・株式会社radiko「radiko.jp」

ハードウェア部門
・株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメント「PlayStation Vita」
・日本通信株式会社「SIMビジネス」

プラットフォーム部門
・株式会社NTTドコモ「dメニュー」
・株式会社ユビキタスエンターテインメント「enchant.js」

ビジネスソリューション部門
・株式会社NTTドコモ「葉っぱビジネス」
・Shamrock Records株式会社「Stagenote」

モバイルITインフラ部門
・日本電業工作株式会社「景観アンテナ」

パブリック部門
・千葉県立袖ヶ浦高等学校

特別部門 キャリア特別賞
・NTTドコモ賞 株式会社エクシング「タッチ!うごくうたえほん」
・KDDI賞 ゲームロフト株式会社「レッツ!ゴルフ2 HD」

特別部門 アプリソムリエ部門
・石井寛子 VOGUE JAPAN「VOGUE Traveller KYOTO」
・TOMO 株式会社ディーツーコミュニケーションズ「関ヶ原演義」
・長谷川麻衣 株式会社ユーマインド「ヒトメボ」

特別賞 東日本大震災復興支援特別賞
・アンリツ株式会社「MT9090Aファイバメンテナンステスタ」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

    【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  3. (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る

    (訂正)『デッドライジング』は映画「ゾンビ」の権利を侵害している?裁判の判決下る

  4. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  5. 【TGS2008】コンパニオンレポート: NTTドコモ & KDDI

  6. 『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

  7. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  8. ニンテンドー3DSで誕生したバイオ最新作、『バイオハザード リベレーションズ』をいち早く体験した

  9. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る