人生にゲームをプラスするメディア

エイチーム、東証マザーズに上場承認

ゲームビジネス その他

モバイル向けゲームや各種ウェブサイトを運営するエイチームの東証マザーズへの上場が承認されました。

エイチームは1997年設立。携帯電話向け公式サイトの受託や運営で成長し、近年はソーシャルゲームが拡大、昨年8月にはグリーとの業務提携も結んでいます。

事業領域は2つで、「エンターテインメント事業」では携帯電話向けのゲーム、きせかえ、音楽系の公式サイトを計約400サイト運営するほか、SNS向けのソーシャルゲーム、スマートフォンやタブレット向けのアプリを展開しています。一方の「ライフサポート事業」では引越し、中古車買取などの比較サイトや結婚式場の予約・情報サイト、女性向けの体調管理・悩み相談サイトなど生活に役立つサービスを運営しています。従業員数は234名。

直近の平成23年7月期の業績は、売上高40億6400万円、営業利益4億4800万円、経常利益4億4600万円、純利益2億5800万円。売上高を事業別に見るとエンターテインメント事業が25億円、ライフサポート事業が15.6億円となっています。

上場予定日は4月4日。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 世界最大のアウトソーシング専門会社、上海のバーチャスに聞く(後編)

    世界最大のアウトソーシング専門会社、上海のバーチャスに聞く(後編)

  3. 任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

    任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

  4. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  5. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  6. DeNA、『忍者ロワイヤル』や『Infinity Blade Cross』など5タイトルをサービス終了

  7. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る