人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2012、今年のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。」

その他 全般

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「東京ゲームショウ2012」の概要を発表するとともに出展の申込受付を開始しました。

東京ゲームショウは、2010年から「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模のイベント」という中期ビジョンを掲げ、アジアをはじめとする全世界への情報発信力を強化してきました。

昨年は、東日本大震災の影響が懸念されるなか、東南アジアからの来場者やメディアの増加などにより、史上最多となる22万2668人の来場を記録。2010年に引き続き、2年連続で20万人超の来場者数を達成しています。

今年で22回目を迎える「東京ゲームショウ2012」のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。」という、人と人との関わりを掲げたものになりました。9月20日(木)から9月23日(日)までの4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)にて開催されることも、あわせて発表されました。

2012年は、新しいゲーム機や、スマートフォン、タブレットが発売されることが見込まれ、さまざまなプラットフォームでコンピュータエンターテインメントの可能性が広がっていきます。

「東京ゲームショウ2012」は、その可能性を広げる情報発信の場として、日本からアジア、アジアから世界を対象としたショーになる予定。新しいビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」が導入されるほか、「公式動画配信チャンネル」の開設、「アジアe-Sports選手権(仮称)」の開催、「コスプレ専用エリア」の拡充なども予定されています。

■東京ゲームショウ2012開催概要
名称:東京ゲームショウ2012(TOKYO GAME SHOW 2012)
主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP社
後援:経済産業省(予定)
会場:幕張メッセ 展示ホール1~8/国際会議場
会期:2012年9月20日(木) ビジネスデイ 10:00~17:00
   2012年9月21日(金) ビジネスデイ 10:00~17:00
   2012年9月22日(土) 一般公開日 10:00~17:00
   2012年9月23日(日) 一般公開日 10:00~17:00
来場予定者数:19万5000人
出展社数:180社(予定)
募集小間数:1,550小間
入場料(一般公開日):一般(中学生以上) 前売1,000円/当日1,200円、小学生以下 入場無料
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

    【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  2. 『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

    『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

  3. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

    【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  4. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  5. 「2017年サンリオキャラクター大賞」コラボ部門に『どうぶつの森』がエントリー!

  6. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  7. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  10. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る