人生にゲームをプラスするメディア

ダンボール戦機2013年欧米で商品展開  欧州でTV放映へ

ゲームビジネス その他

日本で人気の『ダンボール戦機』が、2013年から欧米で本格的に展開する。電通エンタテインメントUSAとバンダイナムコグループは、『ダンボール戦機』の北米を含む地域での玩具分野のマスターライセンス契約を結んだことを発表した。

バンダイアメリカが『ダンボール戦機』のテレビアニを基にした玩具を開発、流通・販売を手掛ける。2013年秋より関連商品を発売する。商品ラインナップの中には、フィギュアやロールプレイングゲーム、乗り物玩具、プラモデルなどが含まれる。

電通エンタテインメントUSAは、米国地域の『ダンボール戦機』のビジネス開発を手掛けている。2011年8月に本作の米国進出を発表していたが、いよいよ事業が姿を現したかたちだ。

バンダイナムコは、これとは別にヨーロッパでの玩具分野のマスターライセンスも獲得している。こちらはテレビ東京と契約した。ヨーロッパでも2013年秋を目途に商品発売を開始する。

また、ヨーロッパでは同時期にテレビ放映も計画している。テレビと玩具の連動を目指すことになる。2013年には、日本と同様の『ダンボール戦機』ブームが欧米で起こるかもしれない。

ダンボール戦機は、日本では2011年4月にテレビアニメをスタート、全44話を放映した。現在は続編シリーズとなる『ダンボール戦機W』が放映されている。小型ロボットである『ダンボール戦機』を通じたバトルを繰り広げる。様々なバリエーションのある『ダンボール戦機』とその玩具も大きな売りだ。

原作は『イナズマイレブン』で大きな成功を収めたゲーム会社レベルファイブが手掛けている。テレビアニメのほかゲームソフトやマンガ、プラモデルのメディアミックスが特徴で、国内では大きな成功を収めている。
《アニメ!アニメ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  2. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  3. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

    2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  10. 【任天堂資料庫】第7回 任天堂ゲームセミナーを振り返る

アクセスランキングをもっと見る