人生にゲームをプラスするメディア

ダンボール戦機2013年欧米で商品展開  欧州でTV放映へ

ゲームビジネス その他

日本で人気の『ダンボール戦機』が、2013年から欧米で本格的に展開する。電通エンタテインメントUSAとバンダイナムコグループは、『ダンボール戦機』の北米を含む地域での玩具分野のマスターライセンス契約を結んだことを発表した。

バンダイアメリカが『ダンボール戦機』のテレビアニを基にした玩具を開発、流通・販売を手掛ける。2013年秋より関連商品を発売する。商品ラインナップの中には、フィギュアやロールプレイングゲーム、乗り物玩具、プラモデルなどが含まれる。

電通エンタテインメントUSAは、米国地域の『ダンボール戦機』のビジネス開発を手掛けている。2011年8月に本作の米国進出を発表していたが、いよいよ事業が姿を現したかたちだ。

バンダイナムコは、これとは別にヨーロッパでの玩具分野のマスターライセンスも獲得している。こちらはテレビ東京と契約した。ヨーロッパでも2013年秋を目途に商品発売を開始する。

また、ヨーロッパでは同時期にテレビ放映も計画している。テレビと玩具の連動を目指すことになる。2013年には、日本と同様の『ダンボール戦機』ブームが欧米で起こるかもしれない。

ダンボール戦機は、日本では2011年4月にテレビアニメをスタート、全44話を放映した。現在は続編シリーズとなる『ダンボール戦機W』が放映されている。小型ロボットである『ダンボール戦機』を通じたバトルを繰り広げる。様々なバリエーションのある『ダンボール戦機』とその玩具も大きな売りだ。

原作は『イナズマイレブン』で大きな成功を収めたゲーム会社レベルファイブが手掛けている。テレビアニメのほかゲームソフトやマンガ、プラモデルのメディアミックスが特徴で、国内では大きな成功を収めている。
《アニメ!アニメ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  5. 【CEDEC 2014】毎年3000万円を稼ぐサイバーコネクトツーの広報宣伝部、ファンを増やす好循環の作り方

  6. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2004年3月8日-14日

  7. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2004年12月13日-12月19日

  8. 【GDC 2009】面白いタイトルをしっかり売るには!? レベルファイブのプロデュース術を日野社長が大公開

  9. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  10. 【実勢価格調査】ヤマダ電機、3DS本体購入で任天堂レジャーシートが貰える(5/11)

アクセスランキングをもっと見る