人生にゲームをプラスするメディア

米国の過半数の家庭がゲーム機を保有~ニールセン調査

ゲームビジネス その他

米調査会社のニールセンは毎年恒例のゲーム市場調査の結果をツイートしています。興味深い結果が紹介されていますので、それらを掻い摘んで紹介します。専用ゲーム機以外の利用が広がっていることが分かります。一方で、専用ゲーム機も昨年並みの稼働があるようです。

・現行世代(Wii/PS3/360)のいずれかを所有している家庭は56%
・iOSデバイスのいずれかを保有している家庭は39%
・急速に成長するAndroid/iPadはゲームの潜在顧客を拡大している
・6~12歳のこどもの半数近くはDSを所有している
・Androidのゲーム層の中心は25~34歳
 iPhoneはもっと広い
・ゲーマーの半数以上が2つ以上のスクリーンで遊ぶ(家庭用、PC、モバイル、タブレット)
・昨年と比べてゲームのプレイ時間は7%増加
 ただしWiiは22%減少した
 これはクロスプラットフォームがゲームへの熱中性を上げることを示している
・『Angry Birds』平均年齢37歳 54%が男性
・『Word With Friends』平均年齢34歳 54%が女性
・ゲームのオンライン広告費は雑誌広告の2倍に拡大
・ゲームに関するツイートは10~12月に380万回、前年の290万回から増加
 だから調査結果をツイートしている
・月間のゲーム消費は2010年とほぼ同じ
 しかし内訳は変化がありXbox360(Kinect)が10%増加、デジタルが8%増加
 Wiiは10%も減少
 新作/旧作/レンタルも8%減少
・現行世代の65%はリビングに(Wiiは比率が高くて75%)、13%は子供部屋
・現行世代の40~45%はリビングにあり、オンラインに接続されている
・現行世代の利用で動画視聴は全ハードで増加

・2012年のトレンド3つ
 デジタル(マネタイズ)
 クロスプラットフォーム(エンゲージメント)
 リビングルーム(ネットワーク)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  10. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

アクセスランキングをもっと見る