人生にゲームをプラスするメディア

歴代SEED作品が集合!『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』PS Vitaで発売決定

バンダイナムコゲームスは、PlayStation Vitaソフト『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』を発表しました。

ソニー PSV
バンダイナムコゲームスは、PlayStation Vitaソフト『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』を発表しました。

『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』は、アートディンク開発によるPS Vita初のガンダムゲームです。格闘途中のダッシュキャンセル、敵の背後へのまわりこみ等、直感的にMS操作することが可能です。より原作感をかもし出す、アニメ調でハイクオリティのMSモデルを採用しており、カスタム要素も充実とのこと。

システム面では、アドホック通信での協力・対戦プレイに対応しており、2人協力・4人対戦はもちろん、「指令イベント」で全国のユーザーとリンクしてプレイすることが可能な内容となっています。

また、より高度なAIを搭載し、敵味方がより人間らしく行動するようになっています。ミッション内容もよりバリエーション豊かになりました。

プレイヤーはいち兵士となり、SEED・DESTINYの時代を生き抜くこととなります。行く先を決めるのはプレイヤー自身。地球連合、Z.A.F.T.、アークエンジェル隊、どの勢力につくかも自由に選択可能です。辿ったルートによっては、原作キャラと共闘したり、名場面に遭遇したりすることもあるようです。“ガンダム史”の中を縦横無尽に駆け抜けてください。

本編には多数のMSが登場。今回、ストライクフリーダム、インフィニットジャスティス、デストロイなど13機体のビジュアルが公開されました。

■参戦作品
「機動戦士ガンダムSEED」
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」
「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」
「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」
「機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY」
「ガンダムSEED MSV」

なお、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」2002年の放送開始から10年を目前に、SEEDシリーズのHDリマスタープロジェクトがスタートしています。16:9サイズ、HD画質で再撮影&再編集された本編が、現在TV放送・ネット配信中です。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』は、2012年春発売予定で価格は未定です。

(C)創通・サンライズ
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『JUDGE EYES:死神の遺言』海外でも高評価、その面白さの理由を紐解く

    『JUDGE EYES:死神の遺言』海外でも高評価、その面白さの理由を紐解く

  2. 『熱血硬派くにおくん外伝 RiverCity Girls』海外イベントでのプレイ映像が公開!

    『熱血硬派くにおくん外伝 RiverCity Girls』海外イベントでのプレイ映像が公開!

  3. 『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

    『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

  4. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版を7月18日に発売!ピエール瀧氏のキャラクターモデル・音声は差替えに【UPDATE】

  6. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  7. 『P5R』セーブデータやDLCは引き継ぎできるの? 気になる疑問に答えるFAQを公開中

  8. 「『モンハン:アイスボーン』新アクション追加による注目武器種は?」結果発表―上位3つは近接武器に!新要素に対する意見も一挙紹介【アンケート】

  9. HDリマスター版『ロマンシング サガ3』海外向け映像、新要素も収録【E3 2019】【UPDATE】

  10. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

アクセスランキングをもっと見る

1