人生にゲームをプラスするメディア

ソーシャルゲームに月1000円払うユーザーは8%・・・シード・プランニング

シード・プランニングは、スマートフォンにおけるMobageとGREE向けゲーム利用動向に関するアンケート調査結果を発表しました。

PCゲーム ソーシャルゲーム
シード・プランニングは、スマートフォンにおけるMobageとGREE向けゲーム利用動向に関するアンケート調査結果を発表しました。

今回の調査は、ユーザーはプラットフォームサービスやゲームタイトルの認知をどのようにしているのか、またどのゲームにどれだけの時間とお金を費やしているのか、MobageとGREEでの差異はあるのかといったことを調べたものです。

調査方法はPCによるWebアンケート調査で、対象は2011年12月の1ヶ月以内にスマートフォン端末でMobage、GREEのゲーム利用経験のあるユーザーとし、それぞれ400サンプルとなっています。同期間内に従来の携帯電話でゲームを利用した経験者は対象から除外しています。

まず「Mobage・GREE利用のきっかけ」は、両者とも「もともと以前の携帯電話でもゲームをしていたから」「利用している友人に招待(紹介)されて」「テレビCM」が上位3位を占めています。AppStore/Android Markeのランキングやスマートフォン上に表示された広告からの利用も1割以上のユーザーが該当しています。

次に、月額の「Mobage・GREE有料支払額」では、どちらも全体の8%にあたるユーザーが「1ヶ月に1000円以上を支払う」と結果が出ました。Mobageでは「ゲームにお金を支払う」ユーザーは全体の20.8%で、このうち38.6%は月に1000円以上を利用。一方、GREEで「ゲームにお金を支払う」ユーザーは全体の17.3%となり、このうち1ヶ月に1000円以上使うのは47.8%となっています。

スマートフォンにおけるMobage・GREEの有料ゲームで遊び始めたことにより、その他の趣味やレジャー支出へ影響があったかを質問すると、半数のユーザーは「支出が減ったものはない」と回答。減ったと答えたユーザーは、両者ともに「PCオンラインゲーム」が該当しています。また、ゲーム専用機のゲームに関しては、有料ゲーム利用者のうちMobageは18.1%、GREEでは15.9%が「支出が減った」と回答しています。

このほか、同社の調査ではアプリインストールの有無、利用しているタイトルジャンル、新しいゲームで遊ぶ頻度、スマートフォンで遊ぶ理由などを調査しており、詳細は1月末に発刊する調査研究レポート「Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動分析調査」で発表される予定です。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『World of Warships』と『アズールレーン』が秋葉原をジャック!限定ノベルティがもらえるシールラリー開催決定

    『World of Warships』と『アズールレーン』が秋葉原をジャック!限定ノベルティがもらえるシールラリー開催決定

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 『マインクラフト』に存在する伝説の地「ファーランド」を目指し、4年以上歩き続けているギネスプレイヤーKurt J.Macの旅とは

  5. Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

  6. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  7. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  8. 脱出ゲームというジャンルを確立させた『クリムゾンルーム』続編発表!10年後の世界が描かれる

  9. 【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選

アクセスランキングをもっと見る