人生にゲームをプラスするメディア

『スペランカー』『ロードランナー』などのTozaiが日本法人を設立・・・『みんなでスペランカー』をアイレムから移管

『スペランカー』『ロードランナー』などを保有するTozai, Inc.は、日本法人としてTozai Gamesを設立、アイレムソフトウェアエンジニアリングから『みんなでスペランカー』の国内における販売権を移管したと発表しました。

ゲームビジネス 市場
みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
『スペランカー』『ロードランナー』などを保有するTozai, Inc.は、日本法人としてTozai Gamesを設立、アイレムソフトウェアエンジニアリングから『みんなでスペランカー』の国内における販売権を移管したと発表しました。

Tozai GamesはTozaiの創業者で社長を務めるSheila Boughten氏と共同創業者で特別顧問を務めるScott K. Tsumura氏が共同で設立。『スペランカー』と『ロードランナー』に関する日本での商品化権を取得しています。代表には『みんなでスペランカー』のリードデザイナーを務めた坂野拓也氏が就任しました。

■株式会社Tozai Games
・代表者:代表取締役 坂野 拓也 (ばんの たくや)
・本店所在地:〒213-0005 神奈川県川崎市高津区北見方2-6-22
・営業所住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5F
・設立:2011年8月18日
・資本金:300万円
・主な事業:
 - 家庭用ゲーム機、携帯情報端末、PC向けのゲームソフト及び
  デジタルコンテンツの企画・制作・販売
 - デジタルコンテンツに関する知的財産権の実施、使用、利用許諾、維持及び管理
 - デジタルコンテンツに関するコンサルティング

Tozaiは1996年に設立。「Tozai」という社名は、歌舞伎の口上の前に行われる「東西、東西」という掛け声に由来し、東洋と西洋のゲームを結ぶ事を業務としてきました。

特別顧問のTsumura氏はアイレムで取締役開発部長を務め、米国製の『ロードランナー』を獲得し、その後アイレムが独自に開発した業務用版のプロデューサーも務めています。また、Tsumura氏とBoughten氏は任天堂と共にロシアでアレクセイ・パジトノフが開発した『テトリス』の権利獲得に動き、Bullet-Proof Software(BPS)の設立にも携わりました。Tsumura氏は後にNintendo Software Technologyの代表も務めています。このようにTozaiのチームは日米のゲーム業界に黎明期から深い繋がりを持っています。

代表に就任した坂野拓也氏はマイクロソフト株式会社パートナー営業部マネージャー、マーケティング部シニアマネージャーおよび戦略企画室長、株式会社ビープロジェクト 代表取締役などを経てTozai Gamesを設立しました。

Tozai Gamesでは保有するライセンスの他、オリジナルコンテンツの開発・育成や海外提携企業のゲームソフトの日本市場への紹介なども行なっていくとのこと。

また、『みんなでスペランカー』の移管に関する詳細は16日に発表するとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

    【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. ポケモンカードADVギフトボックス発売へ

  7. イギリス人が選ぶ歴代トップ100ゲーム―マリオシリーズが圧倒的

  8. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  9. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  10. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

アクセスランキングをもっと見る