人生にゲームをプラスするメディア

『スペランカー』『ロードランナー』などのTozaiが日本法人を設立・・・『みんなでスペランカー』をアイレムから移管

ゲームビジネス 市場

みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
  • みんなでスペランカー
『スペランカー』『ロードランナー』などを保有するTozai, Inc.は、日本法人としてTozai Gamesを設立、アイレムソフトウェアエンジニアリングから『みんなでスペランカー』の国内における販売権を移管したと発表しました。

Tozai GamesはTozaiの創業者で社長を務めるSheila Boughten氏と共同創業者で特別顧問を務めるScott K. Tsumura氏が共同で設立。『スペランカー』と『ロードランナー』に関する日本での商品化権を取得しています。代表には『みんなでスペランカー』のリードデザイナーを務めた坂野拓也氏が就任しました。

■株式会社Tozai Games
・代表者:代表取締役 坂野 拓也 (ばんの たくや)
・本店所在地:〒213-0005 神奈川県川崎市高津区北見方2-6-22
・営業所住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5F
・設立:2011年8月18日
・資本金:300万円
・主な事業:
 - 家庭用ゲーム機、携帯情報端末、PC向けのゲームソフト及び
  デジタルコンテンツの企画・制作・販売
 - デジタルコンテンツに関する知的財産権の実施、使用、利用許諾、維持及び管理
 - デジタルコンテンツに関するコンサルティング

Tozaiは1996年に設立。「Tozai」という社名は、歌舞伎の口上の前に行われる「東西、東西」という掛け声に由来し、東洋と西洋のゲームを結ぶ事を業務としてきました。

特別顧問のTsumura氏はアイレムで取締役開発部長を務め、米国製の『ロードランナー』を獲得し、その後アイレムが独自に開発した業務用版のプロデューサーも務めています。また、Tsumura氏とBoughten氏は任天堂と共にロシアでアレクセイ・パジトノフが開発した『テトリス』の権利獲得に動き、Bullet-Proof Software(BPS)の設立にも携わりました。Tsumura氏は後にNintendo Software Technologyの代表も務めています。このようにTozaiのチームは日米のゲーム業界に黎明期から深い繋がりを持っています。

代表に就任した坂野拓也氏はマイクロソフト株式会社パートナー営業部マネージャー、マーケティング部シニアマネージャーおよび戦略企画室長、株式会社ビープロジェクト 代表取締役などを経てTozai Gamesを設立しました。

Tozai Gamesでは保有するライセンスの他、オリジナルコンテンツの開発・育成や海外提携企業のゲームソフトの日本市場への紹介なども行なっていくとのこと。

また、『みんなでスペランカー』の移管に関する詳細は16日に発表するとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

    【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

  3. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

    中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  4. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  5. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  8. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  9. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  10. 【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る