人生にゲームをプラスするメディア

『塊魂 ノ・ビ~タ』アメを手に入れると王様の衣装が着せ替え可能に

バンダイナムコゲームスは、PlayStation Vitaソフト『塊魂 ノ・ビ~タ』の最新情報を公開しました。

ソニー PSV
バンダイナムコゲームスは、PlayStation Vitaソフト『塊魂 ノ・ビ~タ』の最新情報を公開しました。

『塊魂 ノ・ビ~タ』は、高層ビルを根こそぎ抜き取ったり、たくさんのものをゴッソリまとめて巻き込んだりするシリーズの心地よさはそのままに、指の動きに合わせて、玉の形を思い通りに変形できるように進化。これにより、路地裏も、大草原も、自在に巻き込み放題となりました。

既に登場ミッションとして、「アソビ」「オシャレ」「スポーツ」「リッチ」「コドモ」までが紹介されていましたが、今回は大きくする6「ハタラキモノ」(10分間で8mの玉を作る)、大きくする7「パワフル」(7分間で12mの玉を作る)が公開。あわせて、50個だけ巻き込んでなるべく大きな玉を作る「50個限定スペシャル」、30,000kcalになるまでなるべく多くのモノを巻き込む「ダイエットスペシャル」、すべてのモノをなるべく早く巻き込む「おかたづけスペシャル」、なるべく大きなウシかクマを巻き込む「ウシクマスペシャル」が公表されました。

さらに、通信機能を活かし、“near”ですれ違った他プレイヤーの記録にチャレンジできることも判明。記録を超えたらアメがいっぱいもらえるようになっています。

また、ミッション終了時にもらえるアメを集めると、王様の衣装と交換可能。さまざまな着せ替え可能になります。また今作では、デザインをリニューアルした、王子のイトコも登場します。

なお、アメは「ドライブモード(倍速)」「エターナルモード(時間無制限)」といったモードの開放や、素敵ソングの追加などにも使用できます。

そしてダウンロードコンテンツの追加ミッションもいよいよ判明。DLCミッション「雪ダルマ『私だってたまには無茶したいんです。』」は雪玉を転がして4Mぴったりに近づけるミッションで、発売日当日である12月17日より配信されます。

「買い物『世の中お金なんです。お金お金ー。』は5分でなるべく多くの金額のモノを巻き込むミッションです。こちらの配信時期に関しては未定となっています。

DLCミッションは、ステージにたまに出現する「ファン魂」を10個集めたら、新ステージを無料ダウンロード可能。集める時間がもったいない人は、足りない数だけ「ファン魂」(1つ:50円、3つ:130円、5つ:200円)を購入することもできます。ちなみにDLC素敵ソングパックは各パック(3曲)300円、全曲パック(9曲):750円となっています。

なお、最新プロモーション映像「よろしくね編」も本日より公開。松崎しげるの歌に乗せて『塊魂 ノ・ビ~タ』を紹介する動画となっております。タマの変形を活かして、幅広く巻き込んだり、狭いルートを発見したり、新しい楽しみ方が分かる動画になっていますのでぜひご覧ください。



そして、現在「バナフェスタウン」では塊コスプレが着用可能。製品アンケートに答えるとツノつき王子衣装を、塊魂サウンドトラック「かたもりだましい」を買うとディップの衣装を入手できます。それ以外のコスもバナフェスタウンで入手可能です。

『塊魂 ノ・ビ~タ』は、12月17日発売予定で価格は4,980円(税込)です。

(C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  2. 『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

    『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

  3. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

    『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  4. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  5. 【吉田輝和の絵日記】『ジャストコーズ4』グラップリングアクションで大暴れ―『FF』っぽい飛空艇も作った!

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ、安心感ハンパない吹替トレイラー!「これだから門は嫌いなんだ」

  8. 『キングダム ハーツIII』海外での流出を受けディレクター野村氏がコメントを発表

  9. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る