人生にゲームをプラスするメディア

手のひらの中で広がる大冒険を体験せよ、PSVita『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』

ソニー PSV

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、PlayStation Vitaのロンチタイトルとして『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』を12月17日に発売します。

「アンチャーテッド」はこれまでにPlayStation 3で3タイトルが発売され、シリーズ累計出荷本数が800万本以上、累計で受賞したアワードは300以上という人気タイトル。他の追随を許さない美麗なグラフィックとインタラクティブなゲーム体験がPSVitaという新しいハードを得て進化。未だかつて無い「ヤバい冒険」の幕が上がります。



本作の舞台は中央アメリカ。かつて多くのネイティブアメリカンとスペイン人が戦争を繰り広げた土地に莫大な遺産が眠ると聞いた駆け出しトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(ルイト)はハスラー上がりの友人ダンテと探検に出ます。探検を続けるうち、ネイトは伝説の黄金の都市へのカギを見つけます。そして、黄金の都市でネイトを待ち受けるトラブルとは!? 若きネイトは果たして秘宝を手に入れることができるのでしょうか?

シリーズの特徴である豊富なアクションはPSVitaの多彩なユーザーインターフェイスによって進化。左右2本のアナログスティックを使ったガンアクション、前面タッチスクリーンを使ったクライミングやトラバース、プルダウン、背面タッチパッドを使ったスナイピングなど新ハードの特徴を活かした遊びが盛り込まれています。

直感的な遊びになったことで初心者でも簡単にプレイできるように。崖の登りたいポイントを触ることで絶壁を登ったり、敵に気付かれないような崖の上から触ることで敵を落としたり。岸壁を横切りたい時も、飛び移りたいポイントを触るだけで移動ができます。こうした操作で、「アンチャーテッド」の世界を体験したいけれど、操作が難しくて・・・と断念していたプレイヤーも気軽に遊べるようになりました。もちろん慣れたプレイヤーはスティックとボタンのアクションも可能です。

また、謎解きにおいても、前面タッチスクリーンをこすることで隠れた記号が浮き出るような仕掛けなど新機軸が用意されています。

PS3で実現されていた美麗なグラフィックは、携帯ゲーム機の世界でも、PSVitaの有機ELディスプレイを得て、遜色のないレベルで再現。手のひらの中にうっそうとしたジャングルが広がり、まばゆい黄金の都市を目指した冒険に引きずり込まれること間違いナシ。

『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』は12月17日に、PSVitaカード版が5980円、ダウンロード版が4900円(いずれも税込)で発売されます。CEROは「C」(15歳以上対象)となっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

    『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  2. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

    『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

  3. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

    日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  4. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

  5.  『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』発売日が2018年2月22日に決定―最新PVや早期購入特典などが公開

  6. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  8. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  9. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

  10. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

アクセスランキングをもっと見る