人生にゲームをプラスするメディア

Wiiの和風シューティングが3DSになって帰ってきた!『鹿狩王』新マップや新武器、AR機能など追加

アークシステムワークスは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『鹿狩王』を12月14日より配信すると発表しました。

任天堂 3DS
アークシステムワークスは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『鹿狩王』を12月14日より配信すると発表しました。

『鹿狩王』は、Wiiウェアで配信されて話題となった和風アクションシューティングゲーム『鹿狩』のニンテンドー3DS版です。新たなマップやターゲットを追加してパワーアップ。ハンティングの楽しさを更に強化したゲームとなっています。

■プレイスタイル毎に選べる3つのモード
・インスタントモード
気軽にゲームを楽しみたい方向けのモードです。制限時間以内に次々と出てくる鹿や他の動物達を狩っていきます。鹿の頭を狙い打つHOT SHOTや狙撃を外さずに連続で狩り続けることで時間が延長されます。

・ミッションモード
ハンターとしての腕を試したい人向けのモードです。用意されているミッションをクリアしていき狩の腕を磨くことができます。

・バーサスモード
家族や友人たちと狩の腕を競い合うモードです。ローカル通信機能を利用して1対1の対戦ができます。武器の選択から、狙撃の正確さ、探索の速さを駆使して、友達よりも速くターゲットを捕獲してスコアを伸ばし勝利を目指しましょう。

■前作『鹿狩』からの追加要素
・狙撃スタイル
獲物を見つけたけど遠すぎて狙いにくい時はRボタンで「狙撃スタイル」に切り替えしましょう。照準がズームアップしてHOT SHOTが狙いやすくなります。

・ジャイロセンサー
ニンテンドー3DSのジャイロセンサーを使い、ゲーム機本体を動かすことでゲーム内の照準を動かすことができます。画面内にいない獲物も画面端にアイコンが表示されるので本体を向けてみましょう。

・大型種
本作では鹿だけでなくウサギやトビなどの小型の動物から、凶暴な肉食獣の熊や、絶滅したといわれる幻の巨鹿「メガロケロス」が出現します。大型種は滅多に現れないうえに捕獲するのが非常に困難なターゲットです。

・新武器ショットガン
前作『鹿狩』からあるボウガン、ライフルに加え、新たに「ショットガン」を追加されました。

・新マップ
本作には2つの新マップを追加。人工物と自然が調和した【人家】では、獲物の位置を確認しやすい反面、獲物に逃げられる可能性も上がります。霧が立ち込める【幽谷】では、薄暗いせいか獲物を見落としやすい反面、大型種が比較的出現しやすいのでハイスコアを狙えます。

・ARで鹿狩
AR(拡張現実)を使って、ゲームの中の鹿達が実際に目の前に飛び出しているかのように見える状態でプレイすることができます。自宅や屋外など様々な風景をバックにプレイしてみましょう。

さまざまな要素を追加し、大幅にパワーアップした本作。和風FPSを手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

『鹿狩王』は、12月14日配信開始予定で価格は500円(税込)です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 『スマブラSP』出典別で見る大乱闘!最も多く関連要素が登場している作品は?

  10. 『スマブラSP』オンライン対戦の仕様が明らかに!今作では「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」などの区別を廃止

アクセスランキングをもっと見る