人生にゲームをプラスするメディア

【GDC China 2011】日本でも成功するHappy Elementsが語る「長く愛されるソーシャルゲーム」の作り方と国際展開

北京に拠点を置くソーシャルゲームデベロッパーのHappy Elementsは『マジック水族館』『はじめようマイ・キングダム』『エターナルクロニクルズ』などのヒット作で知られます。

ゲームビジネス その他
Rony Xu氏
  • Rony Xu氏
  • Rony Xu氏
  • Happy Elementsによる講演
  • 会社プロフィール
  • フェイスブックでの順位
  • DCMからも出資をウケる
  • マジック水族館のフェイスブックでの順位
  • DAUの推移、ライバルとの比較
北京に拠点を置くソーシャルゲームデベロッパーのHappy Elementsは『マジック水族館』『はじめようマイ・キングダム』『エターナルクロニクルズ』などのヒット作で知られ、フェイスブックで第6位のデベロッパーとなっています。日本でも活躍する同社のチーフ・プロダクト・オフィサーRony Xu氏は「Getting Social Games to Play Global」と題した講演を行いました。

Happy Elementsは2009年に創業。本社の北京には270名、東京スタジオには25名のスタッフを抱え、フェイスブックを中心に世界各地のソーシャルネットワーク向けにゲームを提供しています。近年注目されているベンチャーキャピタルDCMからも出資を受けています。

Xu氏が語ったのは「いかにソーシャルゲームの寿命を延ばすか」という議論です。同社の代表作『マジック水族館』は自分だけの水族館を作るゲームですが、同様のゲームはフェイスブックだけでも『Happy Aquarium』(CrowdStar)、『FishVille』(ジンガ)など強力なライバルが存在しました。しかし現在では他の2作を大きく引き離すユーザーを獲得できているそうです。

『マジック水族館』の施策は大きく言えば「開発し続けること」(Xu氏)となります。ユーザーがいずれゲームに飽きるのは自明のこと、であれば飽きさせないように定期的なアップデートを行えば良い、ということになります。ユーザーを新規にAcquire(獲得する)だけでは限界がありコストもかかりすぎます。Sustein(維持する)ことに注力することが大事になります。

アップデートといっても様々です。Xu氏は「Mechanics」(メカニクス)、「Feature」(フィーチャー)、「Contents」(コンテンツ)という3つにアップデートの種類を分類しました。Mechanicsはゲームプレイと言い換えても良いかもしれません。ゲームのルールを変えてしまうようなアップデートです。後に行くほど小規模なものになります。これをバランス良く行う必要があります。

ここでHappy Elemtntsがゲーム開発の際に検討するフローが示されました。「テーマ」→「コアゲームプレイ」→「ロンチ」→(最初の30日)→(最初の3ヶ月)→「アップデート」という流れです。ソーシャルゲームはサービスであり「豪華なケーキはカットして徐々に出していき、流れとして満足を得てもらう施策が必要」(Xu氏)ということです。

『マジック水族館』の場合のメカニクスに当たるは「魚を買う」「集める」「換金する」といったものです。これは滅多に追加されません。ようやく一昨日「新しいアクアリウムを追加する」という機能が追加になったそうです。フィーチャーは魚を集めて遊べるカジノなどのミニゲームがあります。またコンテンツとしては魚の種類やデコレーションといったものがあります。

アップデートにより、DAUや売上は確実に反応しているそうです。提示されたグラフを見ればそれは一目瞭然です。運営開始から少ししてピークを作り、下降気味でしたが、積極的なアップデートで回復。現在は過去最高水準を維持しています。今後も新鮮なコンテンツを投入することでこれを維持・伸ばしたい考えのようです。

■グローバル化で成功

Happy Elementsは積極的なグローバル化も進めています。『はじめようマイ・キングダム』は日本のミクシィやハンゲーム、韓国のDaum、Cyworld、中国の人人網、Q-zone、そしてフェイスブックなど10以上のプラットフォームで展開され、ミクシィで3位にランクインするなど成功を収めています。

ちなみに『はじめようマイ・キングダム』の各SNS別のDAUと売上も示されましたが、売上ではミクシィが圧倒的で、フェイスブックが続くという順になっているそうです。DAUでは中国のプラットフォームが多いのですが、ユーザー数は限られる日本のSNSのプレイヤーが支えているようです。

また、Xu氏はフェイスブックは単独で8.5億人のユーザーを抱えているものの、ミクシィ、Mobage、GREE、人人網、関心網など地域に根ざしたSNSは約15億人、さらにヤフーやグーグル、iOSやAndroidのアプリストアなど周辺も約20億人のユーザーを抱えていることから、様々なプラットフォームをカバーしていくことの重要性を語りました。また、フェイスブックの中でも非英語圏のユーザーが増加していることに注目すべきと述べていました(インドネシアやトルコなど)。

同社ではGIP(Global Integration Platform)という各SNSのAPIや地域別に異なる決済手段を抽象化するプラットフォームを構築。複数のSNSで同時にゲームを展開することを可能としているとのこと。現在のところ外部への解放はされていませんが、そうした展開も今後は有り得るかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 素晴らしいゲームを作れ!・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第29回

  7. 【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

  8. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  9. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  10. グリーとDeNAが独占禁止法違反と名誉毀損について和解したことを発表、今後は業界のために協力

アクセスランキングをもっと見る