人生にゲームをプラスするメディア

3DSならではの機能を多数搭載『TEKKEN 3D PRIME EDITION』最新情報

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、臨場感溢れる「立体視」とともに、秒間60フレームを実現した対戦格闘ゲーム。さらに、フルCG映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」が3D映像で収録されている「ゲーム+映画」の2本立てとなっています。

プレイアブルキャラクターは41人で、さらに平八のモデルとモーションは現在好評稼働中のアーケード版『鉄拳タッグトーナメント2』の物が採用されています。

ローカル対戦だけでなく、ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じて遠くのライバルとも対戦可能。「ローカル通信対戦」では3DSのワイヤレス通信を使って近くにいるプレイヤーと手軽に対戦が可能、「インターネット対戦」ではWi-Fi通信を使って国内や海外の相手と対戦が可能です。もちろん『鉄拳』シリーズおなじみの段位も対応しています。

さらに、ニンテンドー3DSならではの新仕様としてタッチスクリーンに技を登録可能。技表から好きな技を4つ選んで登録しておくことができるので、難しいコマンドの技もタッチスクリーン上に表示されたボタンで簡単に出すことができます。さらに操作性を考え、タッチスクリーンでなくてもLとRボタン+ABXYボタンで登録技が出せるようになっています。
(コントロールセットアップからLとRボタンにシフト機能を割り当てた場合)

登録する技をうまく組み合わせることで、鉄拳のウリである「空中コンボ」が誰でも可能。プレイヤー自身でいろいろ技を組み合わせて新しいコンボを発見しましょう。

そして、立体視を活かした3DSならではのオリジナルステージ全8ステージを収録。床落ちステージもあるとのことです。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、2012年2月16日発売で価格は5,800円(税込)です。

(C)NAMCO BANDAI Games.Inc
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

    「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

    現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  7. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  8. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  9. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  10. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る