人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』最高難易度「Fルート」の存在が判明

バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダムVS.』シリーズ最新作である『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』は、現在アーケードゲームとして稼働中の2on2のチームバトルアクションです。

2on2のチームバトルで先に敵チームの戦力ゲージをゼロにしたチームが勝ちとなります。ステップやブーストダッシュによってあらゆる行動をキャンセルできる「エクストリームアクション」や、溜まったゲージを消費して機体を一定時間強化することのできる、一発逆転の「エクストリームバースト」などのEXシステムももちろん搭載されています。

今回は、難易度の異なるシーンを選択してCPU戦をクリアしていく「アーケード」モードの詳細が判明しました。

「ブランチバトルコース」は、アーケード版『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』のメインモードにあたるもので、全8ステージで構成されています。開始時に、難易度の異なるA~Eの5つを選べ、ステージクリアごとに同一または隣接するコースの次ステージ選択が可能です。難易度はAから順にB・C・Dといくにつれて難しくなるので、初心者はAからプレイするといいでしょう。もちろん画面分割での二人協力プレイも可能です。

さらに、特定の条件を満たすと隠しステージの“EXシーン”が出現。通常ステージかどちらか選ぶことができるようになります。“EXシーン”では高難易度のバトルを楽しむことが可能できます。

そして『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』には、家庭用新規の「Fルート」が登場。家庭用で追加されたステージや機体なども登場する、最高難易度のコースとなっています。

またPS3版ではオフラインで遊べる「アーケード」「フリーバトル」の他に、ネットワークを介して通信で対戦を行うことの出来る「オンライン」モードも収録されています。

通信環境さえあれば遠くの相手とも白熱のチームバトルを楽しむ事が可能。「プレイヤーマッチ」では、対戦結果などの記録などを気にすることなく、気軽に日本中の人と通信対戦できます。対戦条件を検索して対戦を開始したり、自らルームを作成して条件を設定して多くの人と対戦を行うことも可能です。

「トライアルミッション」には数多くのNPC専用機の巨大ボス、戦艦、専用の敵が登場しますが、今回はあらたに「ラフレシア」「クィン・マンサ」「サイコガンダムMk-II」が公表されました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』は、12月1日発売予定で価格は8,380円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る