人生にゲームをプラスするメディア

シリコンナイツ、大半のスタッフをレイオフか

カナダのオンタリオ州に拠点を置くゲームデベロッパー、シリコンナイツが大半のスタッフをレイオフしたと海外メディアが報じています。

ゲームビジネス その他
Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
カナダのオンタリオ州に拠点を置くゲームデベロッパー、シリコンナイツが大半のスタッフをレイオフしたと海外メディアが報じています。

シリコンナイツは『Blood Omen』『Too Human』『メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス』『エターナルダークネス』などで知られるデベロッパーで約100名のスタッフを抱えます。

1up.comは昨日、72名のスタッフをレイオフしたと報道。同紙はスタジオは約25名まで縮小したと伝えています。一方フィナンシャル・ポストは同社CFOのMike Mays氏のコメントを引用し、レイオフは45名で、現在のスタッフ数は「40名を下回ったくらい」と伝えています。

レイオフの理由としてCFOは「アクティビジョン・ブリザードとのプロジェクトが終了し、適切なスタジオの規模に戻った」と説明。プロジェクトはアクティビジョン上層部の決定でキャンセルされたとのこと。その一方でシリコンナイツはオンタリオ州政府から2度に渡って出資を受け、スタッフを170人規模にまで拡大できたと7月に発表していました。この3ヶ月の間に何が起こったかは不明と1up.comは述べています。

同社が開発し9月に発売された『X-Men: Destiny』では同社スタッフの名前が削除され、スペシャルサンクスの欄に移動されたという情報もあります。

1up.comは数ヶ月に渡って同社のDenis Dyack社長に何度か取材を申し込んでいるものの未だ実現していないとコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

    【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  2. アトラス、親会社のインデックスHDが吸収合併へ ブランドは存続

    アトラス、親会社のインデックスHDが吸収合併へ ブランドは存続

  3. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  4. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  5. 吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート

  6. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【デジタルコンテンツEXPO 2010】3Dクリエイターが創り上げていく次世代メタバース「BlueMars」

  9. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る