人生にゲームをプラスするメディア

シリコンナイツ、大半のスタッフをレイオフか

カナダのオンタリオ州に拠点を置くゲームデベロッパー、シリコンナイツが大半のスタッフをレイオフしたと海外メディアが報じています。

ゲームビジネス その他
Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
  • Too Human
カナダのオンタリオ州に拠点を置くゲームデベロッパー、シリコンナイツが大半のスタッフをレイオフしたと海外メディアが報じています。

シリコンナイツは『Blood Omen』『Too Human』『メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス』『エターナルダークネス』などで知られるデベロッパーで約100名のスタッフを抱えます。

1up.comは昨日、72名のスタッフをレイオフしたと報道。同紙はスタジオは約25名まで縮小したと伝えています。一方フィナンシャル・ポストは同社CFOのMike Mays氏のコメントを引用し、レイオフは45名で、現在のスタッフ数は「40名を下回ったくらい」と伝えています。

レイオフの理由としてCFOは「アクティビジョン・ブリザードとのプロジェクトが終了し、適切なスタジオの規模に戻った」と説明。プロジェクトはアクティビジョン上層部の決定でキャンセルされたとのこと。その一方でシリコンナイツはオンタリオ州政府から2度に渡って出資を受け、スタッフを170人規模にまで拡大できたと7月に発表していました。この3ヶ月の間に何が起こったかは不明と1up.comは述べています。

同社が開発し9月に発売された『X-Men: Destiny』では同社スタッフの名前が削除され、スペシャルサンクスの欄に移動されたという情報もあります。

1up.comは数ヶ月に渡って同社のDenis Dyack社長に何度か取材を申し込んでいるものの未だ実現していないとコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  2. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  3. 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』製品版からカットされた複数のステージと行方不明のプロトタイプにまつわる感慨深い回顧録

    『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』製品版からカットされた複数のステージと行方不明のプロトタイプにまつわる感慨深い回顧録

  4. 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始

  5. コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始

  6. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  7. モバゲーのオープン化、第一弾として40社92タイトルが本日より公開

  8. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  9. 「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

  10. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

アクセスランキングをもっと見る