人生にゲームをプラスするメディア

『真・三國無双 NEXT』、5人の武将を戦闘に出す新しい「演義モード」詳細を公開

コーエーテクモゲームスは、PlayStation Vitaソフト『真・三國無双 NEXT』の最新情報を公開しました。

ソニー PSV
コーエーテクモゲームスは、PlayStation Vitaソフト『真・三國無双 NEXT』の最新情報を公開しました。

『真・三國無双 NEXT』は、数々のハードでリリースされてきた人気アクションゲーム『真・三國無双』シリーズの最新作です。タッチ操作・モーションセンサーによるPlayStation Vitaならではのアクションや、通信機能を活かしたコミュニケーションによって「次世代の真・三國無双」を実現。直感的な一騎当千を味わうことができます。

本作のメインモードである「演義モード」の情報が公開されました。

「演義モード」は三国志演義の流れに沿った物語を楽しむモードです。各シナリオのはじめに概況やイベントムービーが流れてストーリーが展開していきます。

「政策」は自国武将ごとに一つずつ持っていて、所持金が足りれば、最大4回まで実行できます。同じ武将の政策を複数回実行することはできません。また政策を実行する費用は、武将の調子によって変動します。

続いて、攻撃する地域を選択します。攻撃できる地域は支配している地域と隣接している地域になります。特定の条件を満たした状態で特定の地域に攻め込むことで、固有のイベント戦闘が発生することもあるようです。

自国武将の中から好きな武将を5人まで戦闘に出すことができます。プレイヤーは一覧の一番左側の武将を操作することになります。また、武将の調子は戦闘中の身のこなしに影響します。固有のイベント戦闘の場合は、出撃武将は固定となります。

戦闘に勝利することで、侵攻した地域を支配することができます。地域によっては領地特典を獲得することもできます。

主にスタンドアローンで遊ぶことを想定した「演義モード」ですが、通信環境がある状態で遊ぶことで、フレンド登録している友人から戦闘中に何かしら恩恵を受けることができる「戦友サポート」や、直近で遊んでいる他ユーザーが挑んでくる「一騎討ち」が発生します。

新しくなった「演義モード」には新たな要素が沢山含まれているようです。

『真・三國無双 NEXT』は12月17日発売予定。価格はカード版が6,090円(税込)、ダウンロード版が5,040円(税込)です。

(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

    『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  3. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

    『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

  4. Amazon、PS4本体1,000円引きクーポンが付属したカタログ無料配信!大バンバン振る舞いキャンペーンと併用でもっとお得

  5. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  6. 『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

  7. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  8. 「プレステクラシック」の収録内容って綺麗過ぎじゃない?―僕らが欲しかった名作奇作の数々【特集】

  9. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  10. 『バイオハザードRE:2』プレイ動画「エイダとの探索行」&「タイラントとの遭遇」を公開─この極限状況を打破するには…?

アクセスランキングをもっと見る